ビジネスシーン別・手土産の選び方(第1回)手土産で伝える「腹を切ってお詫び」する思い

雑学

2015.07.16

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 ビジネスにおいて、ミスをしないに越したことはありません。会社に大きな損害を与えてしまう可能性があるとはいえ、ミスを絶対にしない人間はいません。ミスが発覚したときには、会社としてすぐに謝罪に出向くことが必要です。もちろん、手ぶらでというわけにはいきません。何か手土産をと考えます。そんなときに使えるのが、東京・新橋の老舗和菓子店「新正堂」の、その名もずばり「切腹最中」です。

 「切腹最中」を初めて見た人は、普通の最中とはまったく違うその姿に驚くことでしょう。皮からはみ出るようにたっぷりと詰まった大量の餡、周りには鉢巻に見立てた白紙がキリリと巻かれています。その姿はまさに、「腹を切る覚悟」を示しています。深々と頭を下げながら差し出せば、「いやいや、ここまで……」と、先方の厳しい顔も多少は和らぐかもしれません。

 実は新正堂は、あの忠臣蔵で有名な浅野内匠頭が切腹した場所、田村右京太夫屋敷跡にあります。さらにこの「切腹最中」は、3代目の店主渡辺仁久さんが、周囲の大反対を押し切って商品化したというもの。魂がこもった逸品です。

 姿だけではなく、味にもこだわっています。最中の皮には宮城産の上質なもち米を使っているので、香りがよくしっかりとした噛みごたえがあります。中の餡は、十勝産の高級小豆を使用。ボリュームのわりにあっさりした味わいなのは、結晶の大きな純度の高い砂糖を加えて炊いているからだとか。中にはもちもちとした求肥が潜んでいるのも、よいアクセント。甘党でなくても2つくらいはすんなりお腹におさまります。

詫びて終わりではなく、次の話につなげてこその手土産…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「雑学」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。