ビジネスシーン別・手土産の選び方(第8回)バレンタイン。ビジネスでもやっぱり効く

雑学

2016.02.12

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2月14日はバレンタインデーです。最近は「義理チョコ」の風習もずいぶん下火になったようですが、やはり「もらうとうれしい」という声も多いもの。この時期、お客様訪問の際、あえて手土産にチョコレートを選んでみてはいかがでしょう。

日頃手に入りづらい特別な逸品を

 このシーズン、どこのデパートも、地下の食品売り場や催事場などでバレンタインデーのコーナーを設けています。実は普段、手に入りづらいブランドやメーカーのチョコレートを手に入れるチャンスでもあります。

 中でも今回、お薦めしたいのは『マリベル』のチョコレート。本店はニューヨークにあり、日本にある支店は京都だけです。三条通の古い町屋にある、まるで中世ヨーロッパのようなエレガントな空間に鎮座しているのが『マリベル』のチョコレートなのです。

 定番商品は、色鮮やかな絵柄がプリントされた「SIGNATURE ART GANACHE」。マリベル氏の夫がデザインした絵がプリントされ、まるでアート作品のようです。ラベンダー、ピスタチオ、シャンパン…とテイストごとにデザインも違います。そして、一粒ずつにロマンチックなポエムが添えられています。それを見ながら「この味にはこんな思いが込められているんだ!」と、オフィスで盛り上がってもらえるかもしれません。

 ニューヨークの本店にはヒラリー・クリントンや故スティーブ・ジョブズ氏も通っていたといわれています。「The New York Times」に「世界で最もおいしいチョコレート」と称されたこともあるそうです。

甘すぎない上品な味で、大人のバレンタインデーにぴったり…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「雑学」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。