ビジネスシーン別・手土産の選び方(第8回)バレンタイン。ビジネスでもやっぱり効く

雑学

2016.02.12

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2月14日はバレンタインデーです。最近は「義理チョコ」の風習もずいぶん下火になったようですが、やはり「もらうとうれしい」という声も多いもの。この時期、お客様訪問の際、あえて手土産にチョコレートを選んでみてはいかがでしょう。

日頃手に入りづらい特別な逸品を

 このシーズン、どこのデパートも、地下の食品売り場や催事場などでバレンタインデーのコーナーを設けています。実は普段、手に入りづらいブランドやメーカーのチョコレートを手に入れるチャンスでもあります。

 中でも今回、お薦めしたいのは『マリベル』のチョコレート。本店はニューヨークにあり、日本にある支店は京都だけです。三条通の古い町屋にある、まるで中世ヨーロッパのようなエレガントな空間に鎮座しているのが『マリベル』のチョコレートなのです。

 定番商品は、色鮮やかな絵柄がプリントされた「SIGNATURE ART GANACHE」。マリベル氏の夫がデザインした絵がプリントされ、まるでアート作品のようです。ラベンダー、ピスタチオ、シャンパン…とテイストごとにデザインも違います。そして、一粒ずつにロマンチックなポエムが添えられています。それを見ながら「この味にはこんな思いが込められているんだ!」と、オフィスで盛り上がってもらえるかもしれません。

 ニューヨークの本店にはヒラリー・クリントンや故スティーブ・ジョブズ氏も通っていたといわれています。「The New York Times」に「世界で最もおいしいチョコレート」と称されたこともあるそうです。

甘すぎない上品な味で、大人のバレンタインデーにぴったり…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「雑学」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。