社長のための戦略的IT経営物語(第6回)スマホ決済に慌てて対応する会社

法・制度対応 キャッシュレス

2019.10.30

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

――10月から消費税が10%に引き上げられた。期待された駆け込み需要の効果は前回の増税時ほどない。なぜだろう。増税のしわ寄せがじわじわと効いてきて、売り上げが伸び悩む。佐藤博社長が家族で経営する「佐藤釣具店」も、そうした影響を受けている中小店舗の1つだ。彼らは、売り上げ拡大につながる大きなチャンスを見逃していたことが分かった。

消費税増税が売り上げ拡大の逆風に

――10月中旬の閉店間際。店を手伝う孫の翔くんが、パソコンを使って9月分の売り上げに関する経理作業をしているところに、博社長が仕入れ先メーカーの商品説明会から帰ってきた。

博社長:来月、双葉フィッシングが面白い仕組みを取り入れたリールを発売するんだけど、できれば9月に出してほしかったな。駆け込み需要に弾みがついたかもしれなかったのに。翔、駆け込み需要はどんな感じだった?

翔:確かに少しはあったのかもしれないけど、通常よりほんの少し売り上げが増えたくらいだね。駆け込み需要といえるほどではないね。

博社長:えっ、そんなもの? ちょっとデータを見せてよ。

翔:ほら、9月の売り上げは去年とあまり変わっていないでしょ。10月に入った後の売り上げは低迷傾向かな。2%とはいえ増税されて、財布のひもが締まり気味みたい。

博社長:秋は気温がちょうどいいので、釣りに行きたくなる人も多いんだ。それを見越して仕入れを増やしているんだぞ。これじゃ、在庫が増えるだけじゃないか。やはり、消費税増税の逆風は厳しいということか。参ったな。

翔:前から言っているけど、売り上げを伸ばすためにQRコードを使ったスマホ決済を導入してみたら? 僕もそうだけど、みんなスマホ決済を気軽に使っているよ。コンビニなんかでもスマホの画面にQRコードを提示して、一瞬で買い物完了。財布を出さなくていいから便利だよ。

博社長:スマホ決済は…トラブルがあったりしたじゃないか。お客さまに迷惑がかかったら大変そうだし…。

翔:セキュリティをしっかり考えたものを選べば、心配する必要はないと思うよ。それに、スマホ決済などのキャッシュレス決済に関しては今、国が後押ししているみたいだし。今回の消費税の引き上げに当たって、“ポイント還元事業”がスタートしているんだ。うちみたいな中小事業者でキャッシュレス決済を使って支払えばポイント還元があるから、増税前より得することもあるんだ。

博社長:それは消費税の軽減税率が何たらかんたらとは違うのかい?

キャッシュレス決済のポイント還元で逆風に立ち向かえ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=高橋 秀典

あわせて読みたい記事

  • めざせデジタルインフラの構築(第9回)

    百花繚乱スマホ決済、“マルチ決済”が狙い目

    キャッシュレス 業務・勤怠の管理

    2019.05.15

  • めざせデジタルインフラの構築(第10回)

    増加する中国人客対策、スマホ決済をまとめて導入

    キャッシュレス

    2019.09.10

「法・制度対応」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。