ビジネスに役立つ!心理学&占いコラム(第1回)[占星術]気の合わない人との付き合い方

雑学

2016.04.22

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 初対面から話が弾む人や年齢に関係なく気の合う人がいます。逆に初対面のときから“なんだか合わないな”と感じる人や、ちょっと苦手だなとしり込みしたくなる人もいます。ビジネスではさまざまなタイプの人と出会いますが、どうしても好き嫌いはある程度は生じてしまいます。

 この、「なんとなく苦手」「なんか好き」という感覚は、その人の生まれ持った性質が大きく関わっています。ただ、ビジネスでは、好き嫌いで相手を選ぶわけにはいきません。多様なタイプとスムーズにコミュニケーションを取るときに役に立つのは、相手が「どのようなタイプか」の判断です。それが分かるだけでも、ずいぶん付き合いやすく、気楽になるものです。

 今回は、生年月日からその人の性質の傾向を割り出し、仕事上どのように付き合うことがお互いにいいのか、「西洋占星術」という占いを使ってお伝えします。ビジネス上の円滑な人間関係を構築するために、ちょっと頭に入れておくと便利です。

自分の星座と相手の星座を調べよう

 西洋占星術では、12星座(黄道十二星座)が基本となります。まずは誕生日で自分と相手の星座を調べましょう。

●牡羊座 3月21日から4月20生まれ
●牡牛座 4月21日から5月20生まれ
●双子座 5月21日から6月21日生まれ
●蟹座  6月22日から7月23日生まれ
●獅子座 7月24日から8月23日生まれ
●乙女座 8月24日から9月23日生まれ
●天秤座 9月24日から10月23日生まれ
●蠍座  10月24日から11月22日生まれ
●射手座 11月23日から12月22日生まれ
●山羊座 12月23日から1月20日生まれ
●水瓶座 1月21日から2月19日生まれ
●魚座  2月20日から3月20日生まれ

12星座を「エレメント」という4つのタイプに分類しよう

 上記の12星座はそれぞれ「エレメント(要素)」を持っており、全部で4グループに分かれます。牡羊座・獅子座・射手座は「火のエレメント」牡牛座・乙女座・山羊座は「地のエレメント」、双子座・天秤座・水瓶座は「風のエレメント」、蟹座・蠍座・魚座は「水のエレメント」という分類になります。

 各エレメントには、以下のような性質があるとされます。同じエレメント同士は性質が似ているので、気が合うといえるでしょう。

「火のエレメント」:情熱的、大胆、革新的な性質
「地のエレメント」:現実的、堅実、慎重な性質
「風のエレメント」:理性的、公平、社交的な性質
「水のエレメント」:情緒的、共感力がある、感受性が強い性質

 ここからは各エレメント別に、それぞれのエレメントとの相性を見ていきましょう。

「火のエレメント」(牡羊座・獅子座・射手座)の場合…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=土川 雅代

1976年生まれ広島県出身。経営者兼占い師。2010年より株式会社イエティを経営。同年より女性の起業支援を行う一般社団法人キャリア35の理事も務める。会社経営と平行して「大地未来」という名前でLINE占い公式サイトで鑑定を行っている。

「雑学」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。