IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第79回)Windows 11はマシンを選ぶ。移行すべきか否か論争

IT・テクノロジー

2021.07.20

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 米国時間6月25日、マイクロソフトがオンラインイベントで次世代のWindows OS「Windows 11」を正式発表して話題を呼んだ。2015年以来6年ぶりのメジャーアップデートだ。

 Windows 10は、マイクロソフト自ら「最後のWindows」と宣言していたが、今回それを撤回した形となる。実をいえば、もともと「Sun Valley」(サンバレー)というコードネームで開発されてきた今年後半提供予定のWindows 10のアップグレードバージョンが、Windows 11として提供されることとなったのだという。

 Windowsの初リリースは 1985年11月20日。それから35年間、多くの人々の仕事や生活を共にするパソコンのOSとして親しまれてきた。今回の発表イベントでは、青とグレー基調の落ち着いたUI、必要な情報にすぐにアクセスできるウィジェット、ウインドウを一瞬で並べ替えられるスナップレイアウト、Androidアプリが使える新しいストアなど、新機能が次々と紹介された。

 特にコロナ禍で、生活や仕事における人と人とのつながりに、パソコンをはじめとするIT機器が大きな助けとなった。テレワークやおうち時間の増加で、改めて「人とのつながり」を重視したコンセプトでの新OSのスタートとなった。

 Windows 11の正式提供は2021年後半を予定。Windows 10からの無償アップグレードも準備されるという。

 Windows 11の概要は、「大切な人やことをもっと身近に感じられる体験をお届けします」というキャッチフレーズと共に、Webサイト「Windows 11 登場」にまとめられている。

 Windows 11は、ごく自然に、考える、表現する、創り出す場を提供できるよう、インターフェースを一新した。ウインドウはグレーを貴重とし、角を丸くした落ち着いた雰囲気に変わった。タスクバーアイコンは中央ぞろえとなり、スタートメニューも画面中央に表示されるようになった。キーボードやマウスに加え、タッチ、ペン、ボイスによる操作も強化される。

UIの見直し、モバイルへの歩み寄り、Xbox技術の導入…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。