技術TODAY(第6回)「勘」を見える化、「音」で故障の予兆を検知

IT・テクノロジー 見える化

2017.04.24

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 「ものづくり」の現場では、さまざまな設備機器が使われている。これらの動作音を解析し、いち早く異常発生の予兆を検知することで保守・検査作業を効率化するNTTグループの新技術を紹介する。

 製造業において、設備機器の故障やトラブルは深刻な問題だ。たとえ一部の機械の小さな故障であっても全体の稼働を止めなければならない場合があり、生産がストップする可能性がある。こうした事態を防ぐため、製造現場では定期的な点検を行い、保守担当の技術者はラインをくまなく巡回している。

 保守・点検の作業領域は多岐にわたり、さまざまなデータが活用されているが、それでも、技術者の「勘」が大きな役割を果たしている。稼働中に少しでも「いつもと違う」と感じたら直ちにチェックし、故障する前に予兆の段階で対処し、生産への影響を食い止める。このような長年の経験によってトラブルを未然に防ぐベテランの存在は心強い。

 ところが最近、こうしたベテランの経験を活用する体制を維持するのは難しくなっている。長年保守を担当してきた技術者が退職期を迎え、後を担う若手も人手不足の影響などで確保できず、経験の伝承もうまくいっていないケースが少なくない。

 そうした状況でも製造現場では、故障を予兆レベルで発見する必要がある。そこで求められるのが、技術者の「勘」をITで「見える化」にすることである。その1つの答えとしてNTTグループでは「音」に着目した。

異常音を検知し、トラブルを予兆の段階で検知…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=林 達哉

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。