最新の身だしなみ事情(第12回)梅雨前に準備しておきたいビジネスの気配り術

スキルアップ

2018.05.14

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 雨の日はスーツがぬれる、足元が悪いなど気がめいることが多いものです。一方で、このようなときだからこそ、身だしなみに差が出やすくなります。そういうシーンで気付いてほしいのは、自分の気持ちや状態を優先するあまり、周りが見えなくなりやすいという事実です。お客さまの好感度や信頼度を上げたいと思ったら、どんなときも気配りを忘れないようにしましょう。気配り、つまり周りを見る余裕ができてこそ、自然と身だしなみを整える習慣が表れるようになります。

スーツをヨレヨレにしない傘カバー

 雨の日に電車やバスで移動するときは、周りに気を遣って自分に傘を引き寄せ、自分のスーツやカバンがぬれてしまうものです。逆に、雨粒の付いた傘がスーツに当たり不快な思いをすることがあります。

 雨の日の訪問ではスーツやカバンはどうしてもぬれた状態になってしまい、客先では「雨の中ご足労いただき恐縮です」とやさしい言葉をいただきます。社員教育が行き届いている企業では、タオルを用意していただくこともあるでしょう。せっかく気遣いいただいたにもかかわらず、ぬれたままソファに座ってしまった経験はありませんか。また、大切な書類をぬらしてしまうというミスをした人もいるかもしれません。

 そんなときは、特に吸水性の高い傘カバーとカバンに忍ばせたタオルが役立ちます。

 NURENAI傘の「長傘専用 全面マイクロファイバー傘カバー」カバー内側が吸水性の高いマイクロファイバー生地となっている商品です。ファスナーを開けば1枚布のような状態に広げられるので、乾かしやすい状態で干すことができます。

 折りたたみ傘であれば、山崎産業の「SUSU 傘ケース」がオススメ。裏地がモップのようにモール生地になっており、雨滴でぬれたままでも収納できるほどの吸水性です。裏返してぬれたカバンの雨滴を拭き取るという使い方もできます。

撥水性の高い靴で雨の日の印象をアップ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=地蔵重樹

フリーライター。ニュースサイトやオウンドメディアなどのWebコンテンツや、書籍のライティングを行う。

「スキルアップ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。