中高年の仕事力を維持するヘルスケア(第6回)膝の痛み。軟骨が摩耗しているかも

ヘルスケア

2017.12.25

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 中高年になると、体のさまざまな部分で問題が発症しがちです。高齢になるほど罹患(りかん)率が高くなるものに「変形性膝関節症」(へんけいせいひざかんせつしょう)があります。

 日本整形外科学会によると、変形性膝関節症は、男女比で1対4と女性に多く見られます。初期は立ち上がるときや、歩こうとする際といった動き始めで痛みを感じるようになります。中期になると、正座や階段の昇降が困難なほどの痛みを伴います。末期には安静時でも痛みが取れず、膝が真っすぐ伸びない、歩行が困難など日常生活に支障を来す場合もあるそうです。

 変形性膝関節症は、中年期から予兆がある場合もあります。中年期で膝の痛みを放置すると、高齢になってからの日常生活に支障を来す可能性もありますので、早めのケアを心がけておくとよいでしょう。本記事では、そのような変形性膝関節症について、今から実施すべき健康習慣について紹介します。

関節軟骨で膝はスムーズに動く

 変形性膝関節症の痛みが起こる原因の前に、膝関節のメカニズムを説明します。

 膝関節には、硬い大腿骨と脛骨が直接当たらないように、クッションの役割をする関節軟骨というものがあります。膝関節は関節包という膜に包まれ、その中は関節液で満たされています。関節軟骨は関節液に浸された状態です。

 歩くと膝関節に圧力がかかり、関節軟骨に含まれていた関節液が染み出してスポンジのように変形します。圧力を分散・吸収してくれるので、関節がスムーズに動きます。圧力が減ると、関節軟骨は再び関節液を吸収して元の状態に戻ります。関節軟骨には血管や神経が通っておらず、痛みを感じない組織です。また、血液の代わりに関節液が栄養補給をします。

 このような働きを果たしている関節軟骨の柔軟性、緩衝性、表面の滑らかさを保つことが、スムーズな膝関節の動きには大切になります。

 柔軟性、緩衝性、滑らかさが失われると、関節軟骨が摩耗・変形して、変形性膝関節症を招くようになります。摩耗・変形する原因は、老化、外傷、肥満、遺伝などが考えられるそうです。

関節軟骨がすり減ると痛みも…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=村上 哲也

コンサルタント兼ライター
ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。
http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

あわせて読みたい記事

  • システム構築のための調整力向上講座(第26回)

    チームの心の健康を保つためにストレスを理解する

    コミュニケーション

    2017.11.09

  • 疲れ解消★カンタン!アンチエイジング(第19回)

    「冬バテ」による疲労や不調を防ぐ生活習慣

    ヘルスケア

    2017.01.06

  • 人生を輝かせる山登りのススメ(第7回)

    泉質別に楽しむ山の温泉

    スポーツ

    2016.01.25

  • 中小企業のトレンド(第13回)

    ここまで来た! 中堅・中小企業の健康経営

    時事潮流 ヘルスケア

    2016.07.29

  • 戦国武将に学ぶ経営のヒント(第4回)

    健康・長寿で厳しい競争を勝ち残る

    歴史・名言

    2015.09.08

  • ゴルフエッセー「耳と耳のあいだ」(第15回)

    スコアも翌日の仕事も絶好調にするゴルフ~身体編~

    スポーツ

    2016.10.25

「ヘルスケア」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。