ITで働き方を変える(第10回)仮想デスクトップが選ばれる理由

ネットワークセキュリティ テレワーク

2021.05.12

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 テレワークやリモートワークなどの多様な働き方に、いかに対応するかが課題の中堅・中小企業は少なくない。「わが社はテレワークに適した業務がない」という経営者もいるかもしれない。だが、すべての業務をテレワークに移行しないまでも、仕事と介護・子育ての両立など従業員のワークライフバランスを考慮する仕組みを導入しなければ、企業の働き方改革が進まず、優秀な人材を確保・維持するのも難しくなるだろう。

多様な働き方やセキュリティ強化を推進

 オフィスを不在にする機会の多い担当者が、業務報告書を作成するために出社するケースがある。「報告書には取引先の情報が記載されるので、社外でのパソコン操作は制限している」企業も存在する。だが、必ずしも会社にいなくても、リモートワークによって長時間労働の是正や業務の効率化が可能になり、働き方は変えられる。

 テレワークやリモートワークでは、働く時間や場所、端末の種類に制約されることなく、いつでも、どこでも、どんな端末でも仕事ができるIT環境の整備が欠かせない。中でも多様な働き方やパソコンのセキュリティ対策で大きな効果を発揮するのが、仮想デスクトップだ。

 仮想デスクトップというと難しく聞こえるかもしれないが、いわばデータを処理するデスクトップパソコン本体の機能を、遠隔地の本社・データセンタークラウド上のサーバーに置き換える、と考えればよい。ユーザーはネットワークを介してサーバーにアクセスし、手元の端末に画面転送されるアプリケーションや業務データをキーボード、マウスを使って操作する仕組みだ。

 データはサーバー側のストレージに保存され、手元の端末には残らないのでサイバー攻撃や盗難・紛失による情報漏えいのリスクを回避できる。また、一般的に仮想デスクトップで利用する端末は、パソコンのほかシンクライアント、タブレット、スマートフォンなどにも対応する。そのため、外出先でタブレット端末を用いて業務報告書を作成するなど、いつでも、どこでも、どんな端末でも、会社にいるのと同様の仕事が行え、柔軟な働き方を推進できる。

企業の課題を解決する仮想デスクトップ製品例…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明


あわせて読みたい記事

「情報セキュリティ」人気記事ランキング

関連のある記事

閲覧履歴に基づくおすすめ記事

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

① 2022年2月4日(金)14時00分〜15時30分(予定) ② 2022年2月9日(水)14時00分〜15時30分(予定)

業務効率化関連

質問会付き!税理士が解説!電子帳簿保存法
~いま知っておきたい改正のポイント~

電子取引におけるデータの保存が義務化された改正電子帳簿保存法。
「令和4年度税制改正大綱」が発表され、罰則の適用には2年の猶予期間を設けることとなりましたが、早急な対応が求められます。
本セミナーでは税理士法人ヒダの檜田代表をお招きし、電子帳簿保存法の改正ポイントを改めてお伝えするとともにどのような準備や検討が必要なのかについて解説します。
当日は講師への質疑応答の時間も設けておりますので、ぜひご参加ください。

配信期間

2021年12月8日(水)~2022年6月30日(木)

業務効率化関連

税理士が解説!電子帳簿保存法
~いま知っておきたい改正のポイント~

2022年1月1日に改正法が施行された電子帳簿保存法。
この改正によって様々な要件が緩和・廃止されることに伴い、多くの企業が同法への対応や制度の導入を検討されているかと思います。
本セミナーでは電子帳簿保存法の改正ポイントを改めてお伝えするとともにどのような準備が必要か、またどのような事項について検討が必要なのかについて解説します。