困りごと解決ビジネス専科(第33回)Q. POSレジ導入のメリットって何ですか?

業務・勤怠の管理

2021.08.02

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 個人で経営する小さな商店です。現在はレジで売り上げを管理しており、POSレジの導入を勧められましたが、いまいちメリットが分かりません。

 A.「軽減税率対策補助金」の対象になり、売り上げ情報の管理に役立ちます

 POSレジは「Point Of Sales(ポイントオブセールス)」の頭文字を取って「POS(ポス)」「POSシステム」と呼ばれています。

 POSレジは従来のレジと異なり、金額の計算や売り上げの確認だけでなく、商品の販売個数・販売日時・商品の在庫数などをデータとして記録するため、システム上でまとめて分析・管理することができます。

 会計や売り上げ計算など、これまで手作業で行っていたことが自動で処理されるため、毎日の作業や月末、年末の決算の手間も減らせます。

 また、2019年10月1日からの消費税率10%への引き上げにともない、事業者は「消費税軽減税率制度」への対応が必要となります。

 消費税軽減税率制度の導入で、商品や提供方法によって8%または10%と課税率が異なるため、従来のレジでは決済時の区分や売り上げの記録管理がより複雑になります。

 POSレジを利用することで、システム上で登録した商品データに基づいて税率をスムーズに計算できるようになるので、商品の区分に悩まずに済み、会計がラクになります。

 軽減税率制度への対応が必要となる中小企業・小規模事業者への支援制度として「軽減税率対策補助金」が設けられています。

軽減税率関連用語の解説…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

あわせて読みたい記事

「業務・勤怠の管理」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

困りごと解決ビジネス専科

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。