困りごと解決ビジネス専科(第36回)Q. ホームページを持つメリットは何ですか?

販路拡大

2021.08.02

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 事業拡大のため、新規クライアントの獲得に向け営業しています。訪問先で名刺交換をした際に「ホームページはありますか?」と聞かれることが多いです。弊社はまだホームページを持っていないのですが、ホームページを持つメリットは何でしょうか。

 A. ホームページは会社の認知度と信頼をアップさせる営業ツールになります

 自社の商品やサービスの認知度を高めるにはインターネットでの情報発信も重要で、中小企業でも約87%がホームページを開設しています。
※出典:中小企業庁 2019年版「中小企業白書」

 今回のようにクライアント獲得を目的とした場合、ホームページが会社の営業ツールになることがメリットといえます。

 会社の実績や魅力の発信で、取引の検討材料にしてもらえるほか、信頼を得るキッカケになることもあります。

 また、こちらからアクションをしなくてもホームページを見た人からの問い合わせで商談となり、新規顧客が増える可能性もあります。

新規クライアント獲得のためのホームページを持つメリット

【認知度アップ】
自社の情報(商品名やサービスなど)を、時間を問わず情報発信でき、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンから検索可能

【信頼度アップ】
会社概要や企業理念、社長の人柄や経歴が分かる社長のあいさつなど、取引において重要になる要素を公開することで信頼度が高まる

【宣伝や問い合わせの窓口に使える】…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

あわせて読みたい記事

  • 販路拡大のキモ(第1回)

    ホームページを持たぬ会社。名刺なき営業担当者

    販路拡大

    2017.08.09

「販路拡大」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

困りごと解決ビジネス専科

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。