よく解る!「用語集」

ICタグ

物体の識別に使われているとても小さなICチップ。無線機能を備えていて、微弱な電波を発信して端末などと通信を行い、管理システムの情報と照らし合わせるための送受信を行う。形状はラベル、カードなどをはじめ、用途に合わせてさまざまな形がある。通信距離は長いもので数メートル程度。社会のIT化や自動化の基盤技術と考えられている。

PAGE TOP