よく解る!「用語集」

LPWA

Low Power Wide Areaの略称で、少ない電力消費で数kmの長距離通信が可能になる無線通信技術の総称。IoT社会を前提として、スマートフォンや家電などのデバイスで50kmといった長距離通信を電池1本程度の低諸費電力で実現するものとして期待される。通信速度は100bps〜400kbps程度と、現在広く利用されている無線LAN技術と比較してかなり遅い。通信でやり取りするデータ量は数百倍と程度の小さなデータが想定されており、デバイス間での簡易な情報交換を低コストかつ広範囲で実現しようとするもの。

あわせて読みたい記事

PAGE TOP