よく解る!「用語集」

IrDA

Infrared Data Associationの略称で、同名の組織である赤外線データ協会が規格化した赤外線によるデータ通信規格。赤外線を利用したデータ通信として、30cm~1m程度の短距離での通信に対応し、ノートパソコンや携帯電話などのモバイル端末に搭載されるほか、プリンターなどの周辺機器にも搭載することで、スマートフォンからプリンターへ写真を直接送信して印刷するなどの利便性がある。

あわせて読みたい記事

PAGE TOP