よく解る!「用語集」

WEPキー

Wired Equivalent Privacyの略語で、無線LANの初期に採用された暗号化規格。無線LANの標準化規格であるIEEE 802.11bにてセキュリティ機能として採用された。暗号化方式として、秘密鍵に40bitまたは128bitのデータを利用できる。ただし、暗号解読が比較容易など、セキュリティ面での弱点があり、最近ではよりセキュリティ強度のあるWPA方式へと移行しつつある。

あわせて読みたい記事

PAGE TOP