よく解る!「用語集」

インフラストラクチャーモード

無線LANにおける接続形態。アクセスポイントと呼ばれる機器を設置して、クライアントとなるパソコンがアクセスポイントを介して無線LANによるネットワークへ接続する。一般的にアクセスポイントとなる機器は、無線LANによるネットワークを形成するだけでなく、有線LANへの接続も行うことができる。これに対して、無線LAN機能を有したパソコン同士などで直接接続する形態を「アドホックモード」「ピアツーピアモード」などという。

あわせて読みたい記事

PAGE TOP