よく解る!「用語集」

ウォーターフォール

ウォーターフォールとは上流から下流へと流れる水の意味で、ITにおいてはシステム開発手法の1つ。ウォーターフォールモデルなどと呼ばれる。一般的には、要件定義、外部設計、内部設計、プログラム開発、テストといった工程に従って開発を進める手法であり、各工程ごとに完了し前工程には戻らないのが基本である。仕様変更を要するような事象が発生すると、上流工程からやり直さなくてはならない。これに対して、開発工程をより細かくし、短期間でプログラム開発とテストを繰り返すような手法をアジャイル開発と呼ぶ。

あわせて読みたい記事

PAGE TOP