よく解る!「用語集」

【オブジェクト指向】

コンピューターシステムの開発手法における考え方、概念。システムを構成するパーツをオブジェクト(物)として捉え、その物の役割や機能を定義するようなアプローチ方法を採る。オブジェクト指向以前は、データ構造を中心とした考え方が一般的であったが、これに対するパラダイムシフトとして登場。現在では、オブジェクト指向プログラミングが一般的である。

あわせて読みたい記事

  • 海外発ビジネス最前線(第1回)

    ついにアプリで「葬式」を準備するサービスが登場!?

    時事潮流

    2017.03.13

  • 企業を元気にする人事評価システム(第1回)

    評価制度がないだけでブラック企業予備軍に

    自動化・AI 雇用・研修 人材活用

    2016.02.16