よく解る!「用語集」

検疫ネットワーク

ネットワーク内のセキュリティを確保するための手法で、企業内LANなどに外部のパソコンを接続する際、そのパソコンがネットワークに対して脅威とならないかどうかを確認する仕組み。物理的な接続時点では、パソコンはネットワーク内へのアクセスは制限されている状態となり、そこで検疫を受ける。例えば、パソコンにインストールされているウイルス対策ソフトの定義ファイルが古いなどの状態が発見されると、ネットワークへのアクセスを拒否できる。

PAGE TOP