よく解る!「用語集」

3Dプリンター

CADデータや3Dグラフィックスデータを基に、立体的な3次元オブジェクトを造形する機械。積層造形法と呼ばれる技術を利用し、樹脂などを何層にも積み重ねて立体造形物を実体化する。製品の試作品やモックアップ、鋳造製品の鋳型などに利用される。医療分野においては立体的な臓器を製造して研修に利用するなど、多分野での幅広い活用が行われている。

PAGE TOP