事例で考えるクラウドストレージ(第5回)大容量のCADデータの共有で社内外のスムーズな業務を実現

クラウド・共有

公開日:2023.03.17

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 関西で屋外看板レンタル業を営むE社。社員は10名あまりの企業だが、立地のいいビルの屋上や壁面などに設置した広告看板スペースのレンタルで成長を続けてきた。屋外看板はチラシ広告などと異なり、広告を出し続けている間は人目に付くことから、新製品の広告や飲食店案内などで根強い需要がある。同社では屋外看板の広告デザインなども手掛け、製作にCADを活用。CADデータは社内のNASに保管してきたが、テレワークに伴うデータ共有やデータバックアップなどのBCP(事業継続計画)対策が課題だった。これらを解消するためクラウドストレージサービスを導入。社内・社外とのスムーズなデータ共有が可能になった他、高信頼性のデータ保管を実現した。

消失リスクのあるNASにデータ保管

 E社の強みは屋外看板広告にかかわる広告デザインから設置・施工、定期的なメンテナンスなどをトータルに提供できることだ。かつて広告デザインは専門の事業者に外注していたが、事業拡大に伴いデザイナーを雇い入れて内製化している。営業担当者は顧客の広告デザインの要望を社内に持ち帰り、デザイナーがデザインソフトとCADを用いて屋外看板広告を製作する。そして、営業担当者はそのCADデータをパソコンに保存し、顧客先に出向いて内容を確認してもらった後、デザイナーが修正、完成させるといった具合だ。

 CADデータは社内LAN上のNASに保管してきたが、いくつかの課題があった。NASは手軽に導入できるものの保存するデータ容量が増えてくればディスクの増設が必要になる。また、NASの故障によるデータ消失のリスクもあり、BCP対策の観点からも信頼性の高いデータ保管の仕組みが課題だった。そして、一番の課題はデータの共有だ。E社はコロナ禍の中でテレワークを導入し、デザイナーや営業担当者が必要に応じて自宅でも業務を行える環境を整えてきた。ここで課題となったのがデータのやり取りだ。デザイナーが自宅で作成した広告デザインのCADデータは大容量のため、メールの添付ファイルでやり取りすることができない。また、自宅と会社を閉域網で接続してNASにアクセスする方法もあるが、ネットワークの設定作業には専門的知識が必要となる。そこで、インターネットを介してどこからでも手軽に利用できるクラウドストレージサービスを検討することになった。

クラウドストレージでCADデータを共有…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

【TP】

あわせて読みたい記事

  • 事例で考えるクラウドストレージ(第4回)

    初期費用が不要でデータ容量や利用者数を柔軟に追加可能

    クラウド・共有

    2023.02.28

  • 事例で考えるクラウドストレージ(第3回)

    医療に関わる重要なデータの共有と管理

    クラウド・共有

    2023.01.16

  • Biz Clip調査レポート(第32回)

    クラウドストレージ利用実態調査2022

    クラウド・共有 働き方改革

    2022.09.30

「クラウド・共有」人気記事ランキング

連載バックナンバー

無料!おすすめのダウンロード資料

  • クラウドストレージ利用実態調査2022

    クラウドストレージ利用実態調査2022

    近年、ユーザー嗜好の変化を適切につかみ、ビジネスチャンスを生み出すヒントとして注目を集めるがデータの利活用。ビッグデータの活用とまでいかなくても、企業活動の中で取り扱うデータは増加する一方です。日々の業務においては、膨大なデータをいかに効率的に管理・保管するかが1つの焦点となる。その課題解決に向けて注目を集めるのが、クラウド上のデータ格納スペース「クラウドストレージ」(オンラインストレージ)の利用です。その実態について調査を行いました。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

  • 電子帳簿保存法対応調査2023

    電子帳簿保存法対応調査2023

    2022年に施行された改正電子帳簿保存法。その猶予期間が、2023年12月31日で終了となります。多くの企業にとって、インボイス制度(同年10月スタート予定)も鑑みつつ、本制度が定める電子取引データの電子保存などに対応するための準備が喫緊の課題となります。では、企業はどのように準備を進めているのだろうか。その最新動向について調査しました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント