業務効率UP!「ビジネステンプレート」

グラフィック・チャート(全3件)

  • プロジェクトタイムライン

    プロジェクトタイムライン

    視覚的にプロジェクトのスケジュールが把握できる管理ツールです。プロジェクトメンバー間の進行スケジュール共有ツールとしてご使用ください。

  • プロダクトマネジメント

    プロダクトマネジメント

    商品の開発からライフサイクルマネジメントまで、一連の流れを管理していくプロセスを構築するためのプロダクトマネジメント表です。

  • ロードマップ

    ロードマップ

    プロジェクト進行管理に役立つロードマップです。 達成目標を掲げ、そのうえでやらねばならないことを大まかな時系列のスケジュールで表示できます。

戦略・思考(全10件)

  • 7S戦略

    7S戦略

    組織を構成する7つの経営資源(戦略、組織、システム、価値観、スキル、人材、スタイル)から、強い組織を作るための戦略を考えるためのフレームワークです。

  • AISAS理論

    AISAS理論

    注目、興味、検索、購買、共有という指標から、消費者の消費行動を分析するためのフレームワークです。

  • AISCEAS理論

    AISCEAS理論

    Webにおける消費者の購買行動をプロセスごとに分析し、マーケティングに活かすためのフレームワークです。

  • PDCA

    PDCA

    計画、実行、評価、改善の4つのサイクルでプロジェクトの好循環をつくるためのフレームワークです。

  • PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    市場の成長率を縦軸に、相対マーケットシェア(競争力)を横軸にとり、その分布から経済資源の配分を考察し注力すべき事業を分析するためのフレームワークです。

  • アンゾフの成長マトリックス

    アンゾフの成長マトリックス

    市場が新規であるか、既存であるか、また商品が新規であるか、既存であるかのマトリックスから事業の成長戦略を考察するためのフレームワークです。

  • シックスシグマ(MAIC)

    シックスシグマ(MAIC)

    測定、分析、改善、管理という指標から、不良品の発生率を100万個に3~4個程度におさえるための品質管理サイクルを考察するためのフレームワークです。

  • ポジショニング戦略

    ポジショニング戦略

    業界における自社製品・サービスの立ち位置を分析し、競争状態に応じた戦略を考察します。

  • マインドマップ

    マインドマップ

    マインドマップの素材です。思考していることを図面化するツールです。物事を記憶し、整理したい時、あるいは発想したい時に便利なツールとなります。

  • 購買行動の4要因

    購買行動の4要因

    心理的要因、社会的要因、個人的要因、文化的要因という4つの購買行動の要因から購買者の特性を把握するフレームワークです。

分析・整理(全20件)

  • 3C分析

    3C分析

    事業を取り巻く環境を、顧客・競合・自社の3つの視点から分析し、成功要因を探るためのフレームワークです。

  • 5F(5つの競争要因)

    5F(5つの競争要因)

    仕入れ先との交渉力、買い手との交渉力、新規参入の脅威、代替製品の脅威、同業他社との競合といった5つの圧力を分析し、ビジネスの可能性を測るフレームワークです。

  • ABC分析

    ABC分析

    商品などの在庫を、重要管理品目、中程度管理品目、一般管理品目に分けてより効率的に管理運用するためのフレームワークです。

  • MECE(ミーシー)

    MECE(ミーシー)

    製品・サービスのターゲット像や事業の課題など、対象となる物事を漏れなく且つダブリもない状態に分類して整理するためのフレームワークです。

  • PEST分析

    PEST分析

    事業を取り巻く外部の環境を、政治・経済・社会・技術の4つの視点から分析するためのフレームワークです。

  • SWOT分析

    SWOT分析

    目標達成のための戦略を、自社の強み・弱みに加え、市場における機会と脅威といったそれぞれの側面から考察するためのフレームワークです。

  • コア・コンピタンス分析

    コア・コンピタンス分析

    企画力や開発スピードなど企業が持つ様々な能力や価値の中で、競争手段となるものを考察し、自社の強みを客観的に判断するためのフレームワークです。

  • コトラーの4つの競争地位分類

    コトラーの4つの競争地位分類

    特定の分野に関わるプレイヤーをリーダー、チャレンジャー、ニッチャー(特定市場のシェアを獲得する企業)、フォロワーの4つに分類して分析するためのフレームワークです。

  • バランススコアカード

    バランススコアカード

    財務、顧客、業務プロセス、学習/成長の視点から分析、優位性を整理するフレームワークです。

  • バリューチェーン

    バリューチェーン

    仕入れからアフターフォローまでの一連の流れのなかで、どのプロセスに競合優位性があるのかを分析するためのフレームワークです。

  • ベンダイアグラム

    ベンダイアグラム

    複数の要素の関係を示す際に便利な「ベンダイアグラム(ベン図)」となります。集合の範囲が視覚的に図式化できます。シーンに合わせてご利用ください。

  • マーケティングプロセス

    マーケティングプロセス

    環境分析やセグメンテーションといった売れる仕組みを作るための手順を定めるフレームワークです。

  • マーケティングミックス(マーケティングの4P、4C)

    マーケティングミックス(マーケティングの4P、4C)

    企業側の視点(製品、価格、流通、プロモーション)と顧客側の視点(価値、コスト、利便性、コミュニケーション)の双方から、売れる仕組みを作る実行プロセスを考えるためのフレームワークです。

  • マトリックス/表組・テーブル

    マトリックス/表組・テーブル

    行・列に項目をいれた表組、マトリックスチャートのフレームワークです。

  • リストスタイル1

    リストスタイル1

    シーンに合わせて利用できる、ビジュアル主体のパワーポイント資料です。リストを並べて説明したり、物事を順序立てて説明する時などに利用できます。

  • リストスタイル2

    リストスタイル2

    円すい形の図の素材です。階層を比較して説明したい時など、様々な活用方法があります。

  • ロジックツリー

    ロジックツリー

    具体的な解決策を導くためのロジックツリーです。目的/課題から理由や原因を深堀ながら解決策を導き出せるような構成にしています。

  • ロジックツリー/ピラミッドストラクチャ

    ロジックツリー/ピラミッドストラクチャ

    課題や目標などの対象となる物事に対して、その構成要素を階層ごとに枝分かれさせて考えることで、その物事を論理的に説明できます。

  • 仮説思考

    仮説思考

    限られた情報から物事の動きを仮説を立てて予測し、その仮説にもとづいて実行、検証、修正を行うことで課題の解決策を導く考え方です。

  • 企業ピラミッド(ビジョン・戦略・オペレーション)

    企業ピラミッド(ビジョン・戦略・オペレーション)

    ビジョンや戦略を立てる際に、重要度の高いものからピラミッド型に可視化して整理するためのフレームワークです。