どんな効果があるのか?ユニークな新人研修(第2回)“切り抜ける力”が身に付く!ヒッチハイク研修

雇用・研修

2017.04.27

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 財布やスマートフォンなど、何も持たずに50~100km先の目的地にたどり着く――。臨機応変な対応力とコミュニケーション能力が高まりそうな研修を行っている会社が、イカイです。

 静岡県沼津市に本社を置くイカイは、日本一の請負会社を標榜する企業で、製造請負および製造派遣などで事業を展開しています。さまざまな業種に即戦力となる人材を派遣しており、常に多種多様な依頼があるそうです。当然、社員には臨機応変な対応力が求められます。

 今回は、同社が新入社員向けに行っている、不測の事態への対応力を培う「ミッション型」の研修を紹介します。

不測の事態をどう切り抜ける?試される「即応力」

 イカイの社員が派遣される業種は多種多様です。主にものづくりの現場ですが、生産の実務から管理まで、さまざまな業務を担当します。そのため、初めて行く現場や初めて出会う人々ともスムーズになじまなければならず、対応力とコミュニケーション能力が必須となります。

 そんな対応力とコミュニケーション能力を身に付けるために、同社が行っているのが「ヒッチハイク研修」です。

 新入社員は、財布とスマートフォンを研修担当者に預け、2人1組で50~100kmもの距離を移動します。必然的にヒッチハイクすることになります(場所や距離は年度によってさまざま)。お金も連絡手段もない状態で、見知らぬ人に何とか頼みこんで車に乗せてもらい、本社や研修会場といった目的地をめざすのです。

 入社早々に極限状態に追い込まれて、助けもなく、自力で全てを解決しなくてはならないというのは、くじけてしまいそうな厳しい試練です。しかし、初見の現場でもすぐに適応力が求められるイカイの業務に慣れるために、こうした研修が開発されました。成功体験を得てもらうのが最大の目的だといいます。参加者からは「少々のことではへこたれない自信が付いた」といった感想が寄せられているそうです。

“スパルタ研修”には相応の見返りを…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=風間 梢

フリーライター。企画、人事、ECサイト運営などを担当したのちに独立。現在は就職、流通、IT、観光関連のコラムやニュースなどを執筆している。

「雇用・研修」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。