人に語れるようになる“ITのツボ”(第1回)無線LANとセキュリティを考える

Wi-Fi ネットワークセキュリティ

2015.11.05

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 これからITを活用しようとしている中小企業の社長や社内ネットワークの担当者、あるいはSOHOの事業主の中には、まだ仕事場に無線LANを導入していないという方がいるかもしれません。

 今回は、無線LANとはどのようなものなのか、また導入によってどういったメリットがあるのかなど、いまさら聞けない無線LANの基礎について確認していきたいと思います。

 無線LANを理解するには、いくつかのポイントがあります。本記事では「1.無線LANのセキュリティ」「2.無線LANの周波数と規格」「3.無線LANの活用法」「4.有線LANと無線LANどちらにすべきか?」の4点に分けて紹介します。

1.無線LANのセキュリティ

 「すでに社内のネットワークはあるが、無線LANを導入するのにはためらう」という方のほとんどは、「無線LAN=無線だからセキュリティが脆弱(ぜいじゃく)」といったイメージを持っているのではないでしょうか。これはまったくの間違いというわけではありませんが、その脆弱性のイメージはもはや過去のものでしょう。

 無線LANは基本的に、第三者から傍受できないようにするために、パソコンなどで閲覧するWebサイトや電子メールといったデータのやりとりを電波に乗せる際に暗号化します。この暗号化技術として、かつては「WEP」というものが使われていました。しかしこのWEPは特定の方法を使うと第三者が解読でき、通信内容を盗み見されやすいという点が指摘されるようになりました。

 現在は、WEPよりもセキュリティレベルの高い「WAP」、あるいはその発展型の「WPA2」といった暗号化技術が使われています。新規に発売されている無線LAN機器はほぼWPAかWPA2に対応したものになっています。WPA/WPA2に関しては、第三者の傍受に関しては、現在ほぼ心配ないといえるでしょう。

・WEP:古い暗号規格 セキュリティ上の脆弱性あり
・WPA/WPA2:現在主流の暗号規格 セキュリティ面で堅牢

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=戸桝 茂哉

あわせて読みたい記事

「Wi-Fi」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。