人に語れるようになる“ITのツボ”(第4回)復権・磁気テープ。IoTにも?

IoT・インフラ データ保護・バックアップ

2016.11.25

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 1つのニュースが飛び込んできた。カセットテープ(コンパクトカセット)を製造していた日立マクセルが2016年11月25日に、1970年代に人気を誇ったモデル「UD」のデザインを復刻した製品を発売した。1966年に同社が国内で初めてカセットテープを製品化・発売してから50周年を記念したモデルだ。ケースのデザインから、黒い本体(ブラックハーフ)まで当時そのものを再現。日本製にもこだわった。

 音楽を記録するメディアは、カセットテープなどのアナログ方式から、CDやMDといったデジタル方式のディスク、さらに半導体メモリーへと急速に変化を遂げてきた。そうした中で、近年ではカセットテープの奏でるアナログ方式の音色への再評価や、カセットテープを知らない若い世代が感じる新鮮さなどから、カセットテープが注目されている。カセットテープで新曲をリリースするアーティストもいるほどだ。

 そうした中、車載用多機能カセットデッキを新たに発売したメーカーもある。車載機器などを製造・販売するビートソニックは「HTC3」という製品を2016年9月に発売した。1DINタイプの車載デッキで、カセットテープを挿入するスロットが何とも懐かしい。カセットテープを再生できるだけでなく、マイクロSDカードやUSBメモリーを装着したり、ケーブルでスマートフォンなどを接続したりすることで、現代の音源を再生できる。FM/AMラジオの聴取も含めて、アナログからデジタルまでフルに対応した製品だ。カセットテープが1つの音楽記録メディアとして、生き残っていく道が見えてきそうな印象を覚える。

 こうしたカセットテープに代表される磁気テープは、もう古くて不要な技術なのだろうか。いやいや、そうではない。

災害時のバックアップでも再び着目…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

「IoT・インフラ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。