脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第50回)(ToT)新しい顔文字「IoT」

IoT・インフラ

2022.02.09

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 略語ばかりで一体、何のことか想像もつかないIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は、またまた略語で気が引けるが、経営課題を解決するかもしれない「IoT(アイオーティー)」だ。

「社長、うちの工場にそろそろIoTを導入しませんか」(総務兼IT担当者)

「あいおーてぃー?工場にあいてぃーはもう入れているじゃないか。また、何かたくらんでいるな」(社長)

「違いますよ。ITと言葉は似ていますが、IoTはモノのインターネットのことです。工場の生産ラインにIoTのセンサーを入れれば不良品も見つけやすくなり、生産性も上がります」

「ITと何が違うのかよく分からんが、不良品が減るなら考えてもいいぞ」

製造分野などで利用が広がるIoT

 IoT(Internet of Things)は「モノのインターネット」と呼ばれるセンサー活用の仕組みです。ネットワークを介した機器制御やメンテナンス、遠隔監視などで生産性を向上させます。

 例えば産業機械のメーカーが機器にIoTセンサーを取り付けて遠隔からメンテナンスすれば、サービス拡大による売り上げアップも期待できます。製造分野のほかサービス業や農業、漁業などにもIoTが利用されています。

IoTを活用すれば遠隔監視が可能に

Q IoTの活用例を教えてください…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「IoT・インフラ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。