脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第23回)POSレジを導入すれば出世する!?

法・制度対応 デジタル化

2019.11.06

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 知っているつもりでも、改めて社員に聞かれると「それ、何だっけ」となりがちなIT用語。そんなIT初心者の社長にも理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は買い物のたびに目にしている「POSレジ」(ポスレジ)だ。

「社長、うちの商品を扱っている直営店のレジをPOS対応にしませんか」(総務兼IT担当者)

「ポスト?確かに店の郵便物は多いと思うが、さすがに赤い郵便ポストまでは要らんだろ。大体、店にポストを置くっていっても、郵便局から許可は出るのか」(社長)

「そのポストではありませんよ。POSって、販売情報を管理できる仕組みのことですよ。POS対応のレジにすれば、売り上げや在庫なんかも詳しく把握できるし、キャッシュレス対応にもできるんです。直営店の店長からもPOSレジが欲しいって言ってきています」

「今どき店長も奥ゆかしいね。たまにはワシに手紙で伝えたい気持ちがあるんだろう。いつも、やいのやいの言って苦労をかけているからな。手紙で店長の精神的負担が少なくなるなら検討してみようか」

「ですから郵便ポストではないんですって……」

進化するPOSレジ

 POSはPoint of Sales(ポイント・オブ・セールス)の略で、「何がいつどこでどれだけ売れたか」を把握する手法です。売り場にPOSレジがあれば、販売データを数字として把握できます。最近のPOSレジは、簡単な操作で売り上げや在庫管理が行えます。販売管理や業務効率化などの観点からも、最新のPOSレジ導入は効果的です。

Q 最新のPOSレジのメリットを教えてください

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

「法・制度対応」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。