脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第11回)社長がなくした大事な置物を「ログ」で発見?

運用管理・監視 IT・テクノロジー

公開日:2018.08.01

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

会社のITに関して「お金と口は出すけれど、内容は社員任せ」というIT初心者の社長にも理解できるように、ITキーワードを分かりやすく解説する本連載。今回のテーマはセキュリティ対策で効果が期待できる「ログ」だ。

「君、社長室にあった木彫りの置物を知らんか。あれがないと……ぶるるっ」(社長)

「寒いですか?空調の設定温度を変えましょうか」(総務兼IT担当者)

「出張に行くと言ったら、珍しくうちのカミさんからお土産を頼まれて……。買ってきたものの、なくしたとなるとカミさんから何を言われるか……ぶるるっ」

「それは何の置物で、どのくらいの大きさですか。いつ気付きましたか」

「手のひらに載るくらいの熊の置物じゃよ。1時間前にはあった」

「なるほど、密室ですね。最後にあと1つ、誰かと社長室で会いましたか」

「誰も社長室には来ておらん。ん?君、急に髪の毛をくしゃくしゃにしてどうしたんだ。かゆいのか?」

「気にしないでください。これが名刑事コロンボのスタイルなんです。社長、このヤマ(事件)、ミステリーマニアの私に任せてください!」

「君の刑事ごっこはいいから、早くわしの大切な置物を見つけてくれ」

「パソコンの操作ログのように、いつ、誰が、何をしたのかが分かれば、犯人が簡単に分かるのですが……。そうだ、熊だけに森のログハウスにでも逃げ込みましたかね」

「ロクな結果になりそうにないな……」

原因の究明が可能になる「証拠」

 ログとは、パソコンやサーバー、ネットワーク機器、セキュリティ機器などの利用や動作の記録情報です。いつ、誰が、どんな操作をしたのかが分かるログを取っておけば、情報の漏えいや改ざんなどの問題が発生しても、ログを証拠に原因を究明できる場合があります。万一の情報漏えい時に説明責任を果たす上でも、ログは重要といえます。

Q ログは何に役立つのですか

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

【MT】

あわせて読みたい記事

「運用管理・監視」人気記事ランキング

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

  • 企業の情報セキュリティリスク認知調査2023

    企業の情報セキュリティリスク認知調査2023

    テクノロジーの進化によって、生産性の向上や多様な働き方の実現などの恩恵がもたらされる一方、サイバー攻撃も多様化・複雑化の一途をたどっています。こうした中、攻撃手法などの情報セキュリティリスクをどれくらい認知しているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 中小企業は必読!本当に必要なBCP対策

    中小企業は必読!本当に必要なBCP対策

    近年多発する地震や台風などの自然災害や新型コロナウイルスなどの感染症は、ビジネスに甚大な影響をもたらしかねません。企業にとってBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)を策定し、危機管理能力を高めて早期に事業継続や復旧を図る体制が必要です。BCP対策の実例や策定のポイントを解説します。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント