脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第45回)運気を急上昇させる仮想デスクトップ

IT・テクノロジー

2021.09.15

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 そもそも言葉の概念がなかなか理解できないIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は、勘違いも多いキーワード「仮想デスクトップ」だ。

テレワークや営業など、社外でパソコンやタブレットを利用する機会が増えてきたので、そろそろ仮想デスクトップを導入しませんか」(総務兼IT担当者)

「何、家相?以前、我が家を建てるときに方位を見ながら間取りを考えたものだ。パソコンを利用するときも方位が関係するのかね」(社長)

「家相でも何でもいいですが、仮想デスクトップにすると情報漏えい対策に効果が期待できるんです」

「なるほど効果ありと。会社の運気が上がるなら、その“家相”デスクトップとやらを検討してみるか」

端末にデータが残らない仮想デスクトップ

 一般にパソコンはデータを処理・保存する本体と、データを表示するディスプレー、データを入力するキーボード・マウスなどで構成されます。デスクトップは表示画面を意味します。

 仮想デスクトップでは、本体の機能はデータセンターにあります。利用者の手元のパソコンには、データセンターから転送された表示画面(デスクトップ)の情報が映し出されます。パソコンにはデータがなく、仮想的に表示されるので仮想デスクトップと呼ばれます。デスクトップ仮想化ともいいます。手元のパソコンにデータが残らないので、情報漏えい対策にもなります。
※デスクトップの表示画面を拡張する機能を仮想デスクトップと呼ぶ場合もありますが、ここでは表示画面の転送の仕組みを仮想デスクトップと呼びます

表示画面を転送する仮想デスクトップ

Q 仮想デスクトップのメリットを教えてください…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。