脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第4回)データを失う心配もNASがあればナッスィング?

セキュリティ機器 クラウド・共有 IT・テクノロジー データ保護・バックアップ

2017.11.08

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

VPNUTM――。ITの用語は3文字の略語ばかりでよく分からない」。IT初心者の社長も理解できるように簡単に解説する本連載。今回のテーマも3文字の「NAS」だ。

「社長、うちの会社もパソコンが増えてきたので、そろそろNAS(ナス)を買いましょうよ」(総務兼IT担当者)

「いいこと言うね。秋ナスは嫁に食わすな、というし、仕事帰りに焼きナスで一杯やっていくか」(社長)

「違いますよ。そのナスではなくて、データを保存してトラブルから守ってくれる装置のことですよ」

「何? ナスがおいしいから、泥棒に盗まれないようにするのか」

「うっかりミスでパソコンのデータを消したり、ウイルスに感染してデータが使えなくなったりしても、別の場所にデータを保存しておけば安心じゃないですか。私も叱られなくて済みますし」

「ほう、安心とな。それじゃ、ナスがあれば心配もナッスィングというわけか」

データ保存用に適した専用装置

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「セキュリティ機器」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

オンラインセミナー動画