脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第33回)シンクライアントで新規のクライアント増

テレワーク パソコン

公開日:2020.10.07

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 なんでカタカナばかりなんだとグチをこぼしたくなるIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回も、カタカナIT用語の「シンクライアント」だ。

「社長、わが社もテレワークを利用する社員が増えてきたので、そろそろシンクライアントを導入しませんか」(総務兼IT担当者)

「何、新規の蔵?隠したいものでもあるのか」(社長)

「違いますよ。蔵じゃなくて、シンクライアント。パソコンの中にソフトやデータを入れないので、テレワークでも安全に仕事ができるんです」

「パソコンの中じゃなくて、蔵の中にデータを入れるのか。確かに安全そうだな」

ソフトやデータのない「薄い」パソコン

 シンクライアントの「シン(Thin)」とは英語の「薄い・やせた」という意味です。パソコンの厚さが「薄い」のではありません。ソフトなどいろんなものが入っている通常のパソコンを“厚い・太った”と表現するとしたら、入っていないパソコンは“薄い・やせた”と表現できるので、シン(Thin)クライアントと呼ばれているのです。

 シンクライアントは、基本ソフトやアプリケーション、データなどがパソコン本体になく、パソコン内で最低限の処理のみを行う仕組みをいいます。パソコンの処理に必要なソフトやデータは会社やデータセンターなどに設置されるサーバー内に置かれ、ネットワークを介して利用します。

シンクライアントの仕組みの一例(※)

Q シンクライアントのメリットを教えてください…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

【MT】

あわせて読みたい記事

「テレワーク」人気記事ランキング

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • テレワークで変わる業務 チェック表付 アフターコロナのセキュリティ対策

    テレワークで変わる業務 チェック表付 アフターコロナのセキュリティ対策

    テレワークの普及に伴い企業の新たな課題として浮上したセキュリティに対する脅威。しかし、その対策は広範囲にわたるため、企業としては「何から着手すればよいのか」を判断するのが難しい一面があります。テレワークによって生じる業務の変化やセキュリティのリスク、およびその対策を解説します。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

  • 「ニューノーマルな働き方」を守るサイバー攻撃対策ガイド

    「ニューノーマルな働き方」を守るサイバー攻撃対策ガイド

    ワークスタイルの選択肢が増えることは、働き方改革の意味からも歓迎すべきことですが、課題もあります。その1つがニューノーマルならではの環境を狙ったサイバー攻撃にどう対応していくかです。現在どのような問題が生じており、どのような備えが必要なのかを解説します。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント