脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第10回)無敵のロボット「RPA」

自動化・AI IT・テクノロジー

公開日:2018.07.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

聞き慣れない言葉が次々に登場するIT用語。IT初心者の社長にも理解できるように難解なITキーワードを解説する本連載。今回のテーマは「RPA」だ。

「社長、IT展示会の案内状を見ていたら、RPAが出るんですって。今、話題になっていますし、社長も一緒に見に行きませんか」(総務兼IT担当者)

「君、ばかにしちゃいかんよ。AKBやNMBなら知っておる。また新しいグループができたのか」(社長)

「違いますよ。アイドルグループのことではなく、ロボットのことですよ」

「何!?今度はロボットが歌って、踊るのか」

「ロボットがパソコンの入力作業などをやってくれるんです」

「歌って踊ってパソコンをやるって、どんなグループなんだ」

「歌と踊りは忘れてください。わが社のパソコン作業をロボットが代わりにやってくれるんですよ」

「ロボット用のイスを用意したほうがいいのか?もしかしてそのロボットは空も飛べたりするのか?」

「ロボットアニメ世代の社長が盛り上がる気持ちは分かりますが、RPAは人型ロボットではないんですよ」

パソコンの定型作業を自動化

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、データ入力などのパソコン操作を記録し、自動的に実行するソフトウエアです。人型ロボットのように、物理的な実体があるわけではありません。手順が明確な定型作業を効率化する手段として話題になっています。

Q RPAが注目される理由は?…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

【MT】

あわせて読みたい記事

  • ビジネスを優位に導くソフトウエア・サービス(第2回)

    その作業、RPAロボットにやらせよう

    自動化・AI デジタル化

    2018.07.04

「自動化・AI」人気記事ランキング

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

  • インボイス対応状況調査2022

    インボイス対応状況調査2022

    2023年10月1日に開始予定の「インボイス制度」。同制度は、課税仕入れ等に係る消費税額を控除する仕入税額控除のための新たな仕組みだが、企業においてはこれらに伴う社内システムの見直しなどが必要となります。本制度への対応状況について、企業はどのように準備をしているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 中小企業のためのセキュリティ強化術 当社も攻撃の標的に?中小企業向け「必要最低限」のセキュリティ強化は

    中小企業のためのセキュリティ強化術 当社も攻撃の標的に?中小企業向け「必要最低限」のセキュリティ強化は

    サイバー攻撃の勢いが増している中、あらゆる企業が標的にされる可能性が高まっている。予算やIT 人材が限られている中小企業は、どうすればセキュリティを強化できるのか。セキュリティの基本的な考え方を解説しながら、中小企業がセキュリティを強化するためにはどうすればいいのかをご紹介します。

オンラインセミナー動画

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~