中高年の仕事力を維持するヘルスケア(第9回)メタボなのに栄養失調になる

ヘルスケア

2018.03.23

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 中高年になると、本人は「十分に食べている」または「食べ過ぎている」と思っていても、気付かないうちに栄養失調になっていることがあります。

 よく食べて、見た目は健康だが、風邪をひきやすい、疲れやすいなどの不調がある人は栄養失調かもしれません。食べていても、栄養に偏りがあると生じる栄養失調は、「新型栄養失調」と呼ばれ、近年注目を集めています。新型栄養失調とは、どのようなものなのでしょうか。

食べているのに栄養失調となるのが特徴

 栄養失調というと、多くの人は痩せ過ぎをイメージします。新型栄養失調は、見た目に現れにくいという特徴があります。食事をしっかり取っているつもりでも、それは量だけで、栄養バランスには注意が払われていないという原因が多いそうです。

 日々忙しくて食事に時間とお金をかけたくない場合は、安くて手早く食べられて、しかも食欲がそそられる丼物や麺類、おにぎり、コンビニ弁当といった食事に手を出しがちです。そのような食事が続くと、栄養のバランスが偏ってしまい、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足しがちになると考えられています。

 働き盛りの30~40代という年齢は、社会的なストレスを受けやすい立場にいることが多いでしょう。ストレスを受けた脳は、タンパク質やビタミン、ミネラルを多く必要とします。前述のような食事で、ビタミン、ミネラルが足りない状態となり、結果ストレスに弱くなるといわれています。

 また、肥満を解消するための極端な食事制限によるダイエットや、血中のコレステロールを気にして動物性タンパク質を極端に避けるなども、栄養バランスを崩す原因になります。このように新型栄養失調の原因の多くは、栄養の偏りとされています。

外食、インスタントばかりでは栄養が偏る…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=地蔵重樹

フリーライター。ニュースサイトやオウンドメディアなどのWebコンテンツや、書籍のライティングを行う。

あわせて読みたい記事

  • システム構築のための調整力向上講座(第26回)

    チームの心の健康を保つためにストレスを理解する

    コミュニケーション

    2017.11.09

  • 疲れ解消★カンタン!アンチエイジング(第19回)

    「冬バテ」による疲労や不調を防ぐ生活習慣

    ヘルスケア

    2017.01.06

  • 人生を輝かせる山登りのススメ(第7回)

    泉質別に楽しむ山の温泉

    スポーツ

    2016.01.25

  • 中小企業のトレンド(第13回)

    ここまで来た! 中堅・中小企業の健康経営

    時事潮流 ヘルスケア

    2016.07.29

  • 弁護士が語る!経営者が知っておきたい法律の話(第6回)

    「会社でうつ病になりました」と言われないために

    法・制度対応 ヘルスケア

    2015.08.12

  • ゴルフエッセー「耳と耳のあいだ」(第15回)

    スコアも翌日の仕事も絶好調にするゴルフ~身体編~

    スポーツ

    2016.10.25

「ヘルスケア」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。