社員に徹底したい急務のマター(第2回)困った! Windows 7のサポート切れに対応できない

脅威・サイバー攻撃 人手不足対策 パソコン

2019.07.17

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 企業で一般的に使われているWindowsパソコン。その基本ソフト(OS)である「Windows 7」のサポートが2020年1月14日で終了する。サポート終了後はマイクロソフトからセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。そのまま使い続けると、マルウエア感染や情報漏えいのリスクが高くなる。同社では、最新OSの「Windows 10」を搭載するパソコンへの切り替えを推奨している。Windows 7のサポート終了まで数カ月。OSの切り替えは待ったなしの課題だ。

脱Windows 7の2つの方法

 Windows 7からWindows 10へ切り替える主な方法は2つ。まず、Windows 7の既存パソコンにWindows 10のOSをインストールする方法がある。「既存パソコンのスペックがWindows 10に対応するか確認」「移行するすべてのデータをバックアップ」「OSのインストール後、データ、アプリケーションの入れ直し」など、多くの手順がかかる。しかも、社内にあるWindows 7パソコンは1つではないことが多い。それらすべてに対してインストール作業が必要だ。専任のIT担当者がいない企業は敷居が高い。

 加えて、処理能力で劣る古いパソコンをいつまでも使い続けるのは、業務効率の点でも問題がある。むしろ、Windows 10への切り替えを契機に高性能・高機能の最新パソコンを導入してしまったほうが得策といえる。これが2つ目だ。

Windows 7からWindows 10へ切り替える方法

 Windows 10はセキュリティ機能が強化されるほか、インターネット閲覧で利用する標準ブラウザーがInternet Explorer(IE)からMicrosoft Edgeに代わったり、スタートメニューのデザインが一新されたりしている。切り替え当初は操作方法が分からず、戸惑う社員もいるかもしれない。

「にわかIT担当者」の負担が増大…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。