よく解る!「用語集」

IPv6

インターネットの基礎となる通信規約(インターネットプロトコル)のひとつで、現行で多く使われるIPv4から変更する予定のもの。基本機能はIPv4と同じだが、セキュリティ面や転送効率などで改善を行った。さらに、問題点であるIPアドレスの枯渇にも対応。最大で約340澗(かん、2の128乗)と、IPv4の42億を大きく上回るのが特徴。しかし、IPv4との互換性がないため、普及が進まないという問題点もある。

PAGE TOP