よく解る!「用語集」

SSL

インターネットを始めとするTCP/IPネットワークにおいて、セキュリティを高めるため、データを暗号化して送受信する通信手順(プロトコル)のひとつ。データの送受信を行う始点と終点で通信を暗号化するため、中継装置などで成りすましたり、データを盗み見たりするのを防ぐことができる。決済情報や個人情報の送信など、幅広く使われている。現在ではTLSと名称を変えているが、昔の名残からSSLと言うことも多い。

PAGE TOP