重要情報の扱いを考え直す(第4回)パソコンをデータレスにする

脅威・サイバー攻撃 データ保護・バックアップ

2019.06.26

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 規模や業種を問わず、生産や販売、顧客情報などさまざまなデータがパソコンで管理されている。紙による情報管理に比べ、パソコンのデータは社内で容易に共有できる。販売状況や在庫などのデータを参照しながら迅速・的確に販売戦略を立てられれば、競争力強化にもなる。パソコンに保管されたデータの重要性は増すばかりだ。一方、万一データが消失したときのリスクも大きくなる。

データが消える原因はさまざま。バックアップが必須

 パソコンのデータが消失する要因は多岐にわたる。パソコンの操作ミス、パソコン本体の故障といった予期せぬトラブルのほか、パソコン本体の盗難・紛失、ウイルス感染や不正アクセスによる情報漏えいといったセキュリティ事故もある。台風や集中豪雨による水害で事業所のパソコンが壊れるといった自然災害も、データ消失の要因になる。

 原因は何であれ、万一、重要な業務データが消失したり、情報漏えいしたりする事態になれば、社会的な信用を失いかねない。事業の継続そのものに大きな影響が出る恐れがある。セキュリティや事業継続計画(BCP)の観点からも、対策を考える必要がある。

 パソコンのデータ消失や情報漏えいのリスクを低減する対策には、パソコン以外の記憶媒体にデータを保管し、バックアップする方法がある。パソコンのデータが消えても、バックアップデータがあれば復元でき、業務への影響を小さくできる。

 データバックアップにはいくつかの方法がある。手軽にデータをバックアップできるのが、パソコンにハードディスク装置を外付けする方法だ。ただし、複数ユーザーでデータを共有できないデメリットがある。盗難による情報漏えいや、うっかり落としてしまって故障するリスクもある。

クラウドでデータを保管する選択肢も…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。