まるっとサービスナビゲーション(第4回)業務に使う「スマート光ビジネスWi-Fi」まとめ

Wi-Fi

2021.10.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 NTT西日本「スマート光ビジネスWi-Fi」は、同社の「フレッツ 光ネクスト」を契約したオフィス、店舗を対象にWi-Fi環境をパッケージ化し、導入から運用までのサポートを合わせて提供するサービスだ。

 コストパフォーマンスに優れた「バリュープラン」と、高付加価値機能を備える「ハイエンドプラン」がある。さらにそれぞれのプランでは、初期費用をかけずに手軽に導入できる「月額支払い型」と、Wi-Fi機器やクラウド利用料を含めた「お買い上げ型」(ハイエンドプランは別途、毎月のサポート料が必要)の選択が可能だ。

導入から運用・保守までワンストップでサービス提供

 職場のWi-Fi化を後押しする企業向けのWi-Fiソリューションには、いくつかの共通した機能や特徴がある。1つ目は「トラブル対応」だ。スマート光ビジネスWi-Fiの「遠隔サポート」サービスでは、Wi-Fiがつながらないといったトラブルを遠隔操作で解決する。2つ目は「運用・保守の一元管理」。複数の拠点がある企業の場合、本社から各拠点のWi-Fi環境の設定変更を管理できる。3つ目は、「セキュリティ」。Wi-Fi環境をオフィスや店舗に導入したら、来客用としてもWi-Fiを使ったインターネット環境を提供できる。システム専任者を置く余裕がない企業も少なくない。初期導入から運用・サポートまでを含め、ワンストップで面倒を見てくれるサービスを活用したい。

詳細をチェック
オフィスのWi-Fiは導入後のトラブル対応がキモ
この記事では、ビジネスWi-Fiを導入するメリットを紹介。職場にWi-Fiを導入する上で一番の課題となるトラブル対応を中心に、スマート光ビジネスWi-Fiの概要を解説する。

Wi-Fiを活用した業務改善

 勤務形態など働き方を変えて業務の無駄を見直すことにより、コスト削減や生産性の向上効果を引き出す。その取り組みの1つがオフィスへのWi-Fi導入だ。Wi-Fiをオフィスに導入すると、ペーパーレス会議環境構築への支援になる。またデスクや配線に縛られない働き方が実現する。オフィスや店舗でWi-Fi環境を整備するには、Wi-Fiに接続する端末数や求められる可用性や運用性が異なる。業務用のWi-Fi導入の際は、こうした機器選び以上に運用管理についても注意をする必要がある。せっかく導入したWi-Fiが故障で使えなくなれば、業務効率が上がるどころか業務の妨げとなってしまうからだ。Wi-Fiの運用管理を任せられるサポート力の高いベンダーをパートナーとして選ぶことが早道だ。

詳細をチェック
ビジネスWi-Fiで働き方改革を推進せよ
この記事では、業務効率化や働き方改革を推進する観点から、オフィスへのWi-Fi導入の利点や方法を解説。市販のWi-Fiでは得られない優位点とともに紹介する。

顧客満足度向上策としてのWi-Fi

 スマホやタブレット利用者にとって外出先でWi-Fiが使えるメリットは大きい。言い換えれば、Wi-Fi導入の需要が大きいのはオフィスだけではない。店舗やホテル、娯楽施設などにとってWi-Fi導入は顧客満足度の向上に役立つ。

 大きな施設ではない中小規模の場合にもWi-Fiの導入は効果的だ。待ち時間の長さは顧客満足度の低下に直結する。待ち時間対策として、スマホを気兼ねなく使える環境を用意しておく重要性は施設の規模を問わない。

 NTT西日本のスマート光ビジネスWi-Fiは、手軽に安価で導入できる点も評価されている。Wi-Fiルーターは小型で場所を取らないし、同じWi-Fi環境で社内用のネットワークと来訪者向けのネットワークのSSIDを分けて、セキュリティを確保しながら2つの目的に使用することもできる。

詳細をチェック
手軽な顧客満足度向上策、無料Wi-Fi導入のポイント
店舗においてはWi-Fi導入が顧客満足度の向上につながる場合がある。当記事では店舗が顧客向けにWi-Fiを導入するメリットとともに導入方法のポイントを説明する。

詳細をチェック
娯楽施設と無料Wi-Fiはなぜ相性が良いか
スマート光ビジネスWi-Fiは、オフィスだけではなく店舗や施設への導入も可能だ。この記事では、店舗や施設におけるWi-Fi導入のメリットおよび方法が紹介されている。

来訪者向けの新機能が充実。スマート光ビジネスWi-Fiのハイエンドプラン…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆 = 日経BPコンサルティング

あわせて読みたい記事

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第2回)

    オフィスのWi-Fiは導入後のトラブル対応がキモ

    Wi-Fi

    2020.11.18

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第12回)

    ビジネスWi-Fiで働き方改革を推進せよ

    Wi-Fi サポートサービス 働き方改革

    2017.11.22

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第10回)

    手軽な顧客満足度向上策、無料Wi-Fi導入のポイント

    Wi-Fi サポートサービス 顧客満足度向上

    2017.08.30

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第7回)

    娯楽施設と無料Wi-Fiはなぜ相性が良いか

    Wi-Fi サポートサービス 顧客満足度向上

    2017.01.06

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第11回)

    来訪者にも提供者にも“お得”なハイエンドWi-Fi

    Wi-Fi インバウンド対応

    2017.10.11

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第13回)

    従業員と来客どちらも接続。ハイエンドなWi-Fi

    Wi-Fi

    2020.03.18

  • Wi-Fiのビジネス活用術(第14回)

    高速・多端末の同時接続はビジネスWi-Fi 6で

    Wi-Fi ビジネス機器

    2021.03.24

「Wi-Fi」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。