ゼロ円販促(第4回)売り込むべき相手は無数にいる

顧客満足度向上 販路拡大 コミュニケーション

2022.04.01

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 お金をかけずにSNSによる情報発信を活用して売り上げを伸ばす方法を紹介する本連載。第3回の最後で現在は本物の商品だけが生き残っていく時代であると述べました。しかし、本物の商品だからといって売れるとは限りません。第4回はどのように誰が売り込むべきなのかを説明します。

 前回説明したように、これからは本当にいい商品、いいサービスしか生き残れない。つまり、商品を売るためには、いい商品を作ることが絶対条件になるわけです。一方で、いい商品であっても、膨大な情報の中で埋もれやすいのも現実です。

いい商品、いいサービスで、きちんと売り上げを伸ばす。
いい商品、いいサービスを持っているのに、売り上げが伸びない。

 両者の差を分けるのは「認知」です。中でも、クチコミの認知の力がどんどん強くなっています。では、現代のクチコミとは何かというと、そのほとんどがSNS、ということです。SNSによるクチコミを広めること。それがすなわち、今、企業が行うべきこと。言葉を変えれば、「PR」です。

 私が、現代社会で「あらゆる会社が持つべきスキル」と考えるのが、PRの技術です。フリーランスや個人事業主が増えていくことを考えれば「あらゆる個人が持つべきスキル」と、言い換えてもいいでしょう。

 ここでもう一度、PRの特徴を確認しておきましょう。広告は一方通行のプロモーションです。私がペンを作っているとしたら、「このペン、いいよ!」と不特定多数に訴えます。PRでは、それを自分以外の誰かに言ってもらいます。実際に使った誰かが「このペン、いいね!」と、応援してくれる(下図参照)。そんな声が集まりやすい環境を整えます。

 かつてPRの仕事といえば、テレビ局や新聞社、出版社などに自社の商品、サービスなどを売り込むことでした。売り込む相手は、少数のマスコミ関係者に限られていました。しかし、SNS時代は、消費者1人のつぶやきが大きなヒットを生みます。つまり、売り込む価値のある相手が無数に存在します。だから、「SNS時代=PRの時代」なのです。

 売り込む相手が激増したなんて、今のプロモーションは大変だなあ……。そんなふうに思った方は、考え方を改めてください。むしろ、PRの技が生きる場面がグッと増えたことは、企業にとってチャンス到来なのです。

 高いお金を出した広告には、あまり効き目がなくなってきた。一方で、コスト0円から始められるPR活動には大きな可能性が広がっている。時代に敏感な企業はますます「SNSによるクチコミ=PR」に着目しているのです。

まずは自社商品を心から愛すること…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=笹木 郁乃

山形大学工学部卒業後、アイシン精機で研究開発に従事。その後寝具メーカーのエアウィーヴの第1号正社員として転職し、PRに注力。売上高を5年で1億円から115億円に伸ばす急成長に貢献。鍋メーカー・愛知ドビーでもメディア露出により注文殺到でお届けまで12カ月待ちに貢献。その後、2017年ikunoPRを設立、2019年LITAに社名変更。企業のPR支援のほか、経営者や個人事業主、広報担当者などにPRスキルを伝える「PR塾」も主催し、約1000名が長期講座で学ぶ。これまで5年間常に満員御礼開催。2021年7月に2冊目となる著書「SNS×メディアPR100の法則」(日本能率協会マネジメントセンター)を上梓。発売日即日重版。プライベートでは一児の母。

「顧客満足度向上」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画