ゼロ円販促(第8回)消費者が信頼するのは、広告よりSNS

顧客満足度向上 販路拡大 コミュニケーション

2022.08.05

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 連載スタートからPRと広告の違いと消費者の購入プロセスの変化を解説し、その後、第5回第6回第7回において、PR活動で「何を伝えるか」を基本設計に沿ってご説明しました。読者の皆さんに伝えたい物語が見えてきたなら、うれしいです。

 第8回からは「何を使って伝えるか」。PRのツールについて説明します。情報過剰な今の社会で、PRに必須のツールは何か。それはSNSでしょう。

 10年間で530倍になった情報量は、その後も増えるばかり。膨大な情報が飛び交っている今、消費者は賢くなり、企業が直接提供する情報には懐疑的になっています。大手企業がいくら「この製品は素晴らしいですよ!」と言っても、「それって会社の広報が言っているんでしょ」「お金を払って広告として流している情報でしょ」と、頭から疑ってかかるのが、21世紀の標準的な消費者です。

 こうした中で、今の消費者は誰からの情報を信じるか。それは、SNSでつながっている人。自分が信頼し、フォローしている人たちです。タイムラインに自分がフォローしている人から情報が流れてくると、「あ、あの人だ。あの人がリツイートして、広めている情報なら間違いない」と、一気に信頼できる気持ちを抱くのです。

 今、SNSの利用者がどのくらいいるか、ご存じですか。2021年末には、8149万人、実にネットユーザーの80.9%がSNSを利用しているという推計があります。その数は右肩上がりで、1カ月に平均約10.1万人ずつ増えていると見られています(ICT総研「2022年度 SNS利用動向に関する調査」)。

 しかも、SNSはもはや若い人だけのメディアではありません。40代、50代、さらには60代以上のSNS利用者も増加しているといいます。今やSNSは、ビジネスにおいても見逃せないメディアになってきています。

企業は本質的にSNSが苦手

 SNSを通じて有名になった人はたくさんいます。例えば、ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)さん。ユーチューブの「HikakinTV」だけで登録者数が1070万人以上いるという、超有名人ですね(2022年6月24日時点)。それから「モテクリエイター」として大人気のゆうこすさん。元アイドルの方ですが、自分でSNSを始めて数年で、累計190万人以上ものフォロワーをゲットしてブレーク(2022年6月17日時点)。テレビや雑誌、CMなどで大人気です。

 このように、SNSから有名になって、ほかのメディアに出ていくという人がどんどん増えていますよね。ところが、企業に目を転じてみると、残念ながらSNSを通じて「無名だった企業がこんなに有名になった!」という成功例は、とても少ない。

 企業というのは本質的にSNSを使うのが苦手です。後で詳しく述べますが、企業というものの性質として、「情報発信は完璧でなければならない」「弱みを見せるべきではない」という固定観念があって、なかなか思い切ったことができない。一方、SNSというのはすごく柔軟で、スピード感があるメディアです。そこに追い付けていない、という企業がとても多いです。

 昔からの広告やプロモーションの考え方をそのままSNSに当てはめても、うまくいきません。だからこそ、小さな会社やこれから起業する人にはチャンスなのですが、そもそもSNSは、実はかなり特殊な分野なのだと、まず分かっていただきたいと思います。

SNSの鉄則は、「人対人」のコミュニケーション…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=笹木 郁乃

山形大学工学部卒業後、アイシン精機で研究開発に従事。その後寝具メーカーのエアウィーヴの第1号正社員として転職し、PRに注力。売上高を5年で1億円から115億円に伸ばす急成長に貢献。鍋メーカー・愛知ドビーでもメディア露出により注文殺到でお届けまで12カ月待ちに貢献。その後、2017年ikunoPRを設立、2019年LITAに社名変更。企業のPR支援のほか、経営者や個人事業主、広報担当者などにPRスキルを伝える「PR塾」も主催し、約1000名が長期講座で学ぶ。これまで5年間常に満員御礼開催。2021年7月に2冊目となる著書「SNS×メディアPR100の法則」(日本能率協会マネジメントセンター)を上梓。発売日即日重版。プライベートでは一児の母。

「顧客満足度向上」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。