企業のネットワーク管理(第7回)ネットワークの要となるルーターの運用をおまかせ

ネットワーク機器 ITアウトソーシング

2021.03.08

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 テレワークでは、従業員は自宅の端末からインターネットを介して社内ネットワークに接続し業務を行う。インターネットは手軽に利用できるものの、悪意のある第三者からデータを盗聴されたり、不正アクセスされたりする危険が付きまとう。データを暗号化せずに送受信するのは非常に危険だ。では、どうすれば安全に通信ができるのか。その解決策の1つに、VPN(仮想閉域網)の利用という方法がある。

安全にデータ通信できるVPNの利用が拡大

 安全に通信を行う方法の1つとして知られる専用線サービス。これは専用の回線使用により、高いセキュリティや安定した通信を可能にするものだ。だが、大容量データをやり取りするには通信コストが割高になる場合がある。

 一方VPNは、インターネット上に仮想的な閉域網(閉じたネットワーク)を設け、あたかも企業専用ネットワークのように安全に通信ができるというものだ。回線の混雑時には通信速度が低下する場合があるものの、インターネットや通信事業者のIPネットワークなどを利用するため、低コストで大容量のデータをやり取りできる利点がある(VPNには、インターネットを利用する「インターネットVPN」と、通信事業者が提供する「IP-VPN」サービスなどがある)。

 テレワークにおいても安全かつ手軽に利用できるインターネットVPNは、認証やデータ暗号化技術を用いてデータ送受信を行う。自宅から会社のネットワークに通信する手段として導入が進んでいる。

 テレワーク時にインターネットVPNを利用するには、従業員のパソコンにインストールするVPNクライアントソフトが必要になる。VPNクライアントソフトは、Windows 10が標準機能として搭載するほか、ルーター機器メーカーも独自のクライアントソフトウエアを提供する。VPNの同時接続数は、VPNルーターのタイプによって異なる。従業員数や使用度合いに応じて選択するといいだろう。

 他方、通信事業者が提供するIP-VPNサービスは、インターネットを介さず閉域のIPネットワーク上で、特定の拠点間のみ安全に接続できる。本社と支社・営業所などの各拠点にVPNルーターを設置。各拠点の従業員は本社のファイルサーバーや業務システムにアクセスしたり、本社のVPNルーターを経由してインターネット上のクラウドサービスを利用したりできる。本社側のルーターは各拠点の通信が集中することから、各拠点のVPNルーターより高性能な機器が必要となる場合もある。

「ルーターおまかせプラン」でルーターの障害をサポート…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

  • Biz Clip調査レポート(第29回)

    企業の情報セキュリティ対策意識調査2021

    リスクマネジメント

    2021.12.27

  • 人手が足りない会社の業務効率処方箋(第5回)

    トラブル禁物、社内LANの管理で勝つ

    ITアウトソーシング

    2018.11.07

  • 脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第25回)

    不動の4番バッター「ルーター」

    ネットワーク機器

    2020.01.22

「ネットワーク機器」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。