Wi-Fiのビジネス活用術(第10回)手軽な顧客満足度向上策、無料Wi-Fi導入のポイント

Wi-Fi サポートサービス 顧客満足度向上

2017.08.30

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 街中のあちこちで「Wi-Fi使えます」と書かれたポスターやシールを見かける機会が多くなった。駅のホームやショッピングモール、さらにはコンビニエンスストア、観光施設ほか、さまざまな場所にアクセスポイントが設置され、手軽にインターネット接続できるWi-Fi(公衆無線LANアクセスサービス)スポットが整備されている。スマートフォンが普及し始めたここ10年ほどで急増したWi-Fiは、便利な通信インフラの1つとして定着しつつある。

 無料Wi-Fiスポットの運営主体は政府・自治体から、施設・店舗を運営する民間企業まで幅広い。設置の大きな目的は、その場所を訪れた人へのサービスの充実だ。スマホやタブレット利用者にとって外出先でWi-Fiが使えるメリットは大きい。言い換えれば、Wi-Fi導入は顧客満足度の向上に役立つ。

 駅、空港といった交通機関、病院や役所、繁盛している店舗などでは、訪れた利用者をある程度待たせることは避けられない。無料Wi-Fiを導入すれば、一定の条件はあるもののスマホなどからインターネット接続できるようになるので、その待ち時間を退屈にさせず、有効に使ってもらえる。それによって顧客の不満は少なくなり、満足度アップが期待できる。

 無料Wi-Fi の利用によって顧客の滞在時間が長くなれば、業績への好影響も考えられる。無料Wi-Fiを提供している施設としていない施設がある現状では、サービスを導入すれば集客にも差をつけられる可能性がある。

 さらに無料Wi-Fiは、ネット接続環境を提供して顧客満足度を上げるだけでなく、情報提供にも貢献する。例えば、接続時に表示される画面に店舗のお知らせや、利用できるクーポンを表示すれば有効な販促手段になる。ではこうした無料Wi-Fiサービスの導入はどうすれば実現するか。注意すべきポイントをまとめてみた。

Wi-Fiは2種類ある

 現在国内で提供されているWi-Fiは、大きく2種類に分けられる。まず挙げられるのは、通信事業者が自社の契約者向けに設置したものだ。NTTドコモ、au、ソフトバンクをはじめとする各社から提供されるこのサービスは、インターネット接続増加による通信回線の混雑回避を目的に整備が始まったもので、通常、利用は各社の契約者に限られる。

 もう1つが利用者を限定せず自由に開放するWi-Fi。こちらが増えている背景には、海外からの観光客増加が関係する。外国人観光客から「無料で使えるネット環境が不足している」という不満の声が上がったため、多くの企業や自治体が整備に乗り出した。

どんな導入が考えられるか…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=林 達哉

あわせて読みたい記事

  • Biz Clip調査レポート(第8回)

    企業の7割が無線LAN導入済み

    Wi-Fi

    2017.08.09

  • 一足お先に!IT活用でパワーアップ(第15回)

    京都での民泊。Wi-Fi整備で集客力アップ

    Wi-Fi 顧客満足度向上

    2017.04.26

  • 一足お先に!IT活用でパワーアップ(第22回)

    世界遺産高野山の宿坊に広がるWi-Fiサービス

    Wi-Fi 地域活性化 インバウンド対応

    2017.08.09

  • 一足お先に!IT活用でパワーアップ(第23回)

    病院内のスマホ禁止は過去の話。無料Wi-Fi必須か

    Wi-Fi

    2017.08.30

  • 一足お先に!IT活用でパワーアップ(第4回)

    音楽教室のWi-Fi。安定稼働で顧客満足度アップ

    Wi-Fi サポートサービス 顧客満足度向上

    2015.11.04

「Wi-Fi」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。