技術×IT×デザインで楽しさを生むベンチャー(第4回)地方のならではの“余白”が新しい発想を生む

増収施策

2016.03.01

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

GOCCO. 木村亮介社長

 GOCCO.が本社を構えるのは岐阜県の大垣市。話を締めくくる第4回は、地方都市に本社を置いてビジネスを展開するメリットと、今後の展開について木村社長に伺った。(聞き手はトーマツベンチャーサポート事業統括本部長、斎藤祐馬氏)

斎藤:なるほど。ところでこの地域について伺います。木村さんはもともと大垣出身ではないですが、なぜここで創業されたのですか?

木村:イアマス(IAMAS=岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学/岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)に入るまでは、大垣については全く知りませんでした。しかし、そこでの2年間は、かなり刺激的で面白かった。せっかく縁があった場所ですし愛着もあります。起業するからと出ていってしまうのは、もったいないなと思ったんです。

 イアマスが近くにあるという安心感もあり、あれだけすごい人たちが集まっていて、いろいろなプロジェクトを持っていて、いろいろな発想もデザインも技術も持っている。そこで起業することは、とても自然な流れでした。周囲の仲間にも大垣の出身者は1人もいなかったのですが、面白がって賛同してくれました。

斎藤:やはりイアマスの存在は大きいわけですね。

木村:そうですね。それとソフトピアジャパンセンターがあるということも大きかった。そこではいつもイベントがある。イアマスの卒業展もそこで開きますし、いろいろな企業もイベントを行っている。イアマスがあって、その隣に企業の集積地のようなソフトピアがある。ものすごくシンプルなんです。

斎藤:確かに東京にはこうした施設が多数あり、面白そうな話がどんどん飛び込んでくる。逆に情報が多すぎて絞りこむのが難しいという面はありますよね。ベンチャーが成長していく過程では、それらに全部はとても対応しきれない。面白いものを作るためには、集中している感じが必要だと思うんです。

木村:そう、まさに集中するという感じですね。

斎藤:大垣出身の人は入社しましたか?

木村:実は1人もいないんです(笑)。岐阜県や愛知県という近場出身の人間はいますが、なぜか大垣出身者はいないんです。面白いことに。

斎藤:面白いですねえ。ところでこの大垣のような、少し都会から離れた場所で起業するメリットや魅力はどんなところでしょうか。

「余白」があるから面白い…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

斎藤 祐馬

トーマツ ベンチャーサポート事業統括本部長 1983年愛媛県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、2006年にトーマツに入社。2010年にトーマツ ベンチャーサポートを事実上立ち上げた。公認会計士でもある。

※トーマツ ベンチャーサポートは、2017年9月1日より「デロイト トーマツ ベンチャーサポート」に社名変更しました。

「増収施策」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。