販路拡大のキモ(第5回)ワシもデジタルマーケティングやるで!まずはHP

デジタル化

2019.01.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 売り上げアップのためには、マーケティングに力を入れなくてはならない。マーケティングというと、途端に専門的に聞こえるかもしれないが、いわば自社商品・サービスの「売れる仕組み」をつくることだ。具体的には、顧客ニーズをくみ取り、自社商品・サービスをアピールして購入を促す。これら一連のプロセスである。

 これまで、自社商品・サービスを広告・宣伝する際、テレビなどのマスメディアはコストの問題などで大企業でなくては使えなかった。中小企業はチラシやダイレクトメール(DM)といった小規模な手段に頼っていた。

 それでも、このような紙を使った広告・宣伝は、配布のたびにかなりのコストがかかる。配布直後は効果が見込めても、効果がそれほど長続きしない。配布地域や配布対象も限られる。DMはともかく、チラシはターゲットを絞って配布しにくく、非効率でもあった。

 こうした中小企業の広告・宣伝のやり方を大きく変えているのが、ICTを利用するデジタルマーケティングだ。インターネットやソーシャルメディア(以下SNS。Facebook、Twitter、インスタグラム、LINEなど)といった身近なデジタル媒体を通して、商品・サービスの「売れる仕組みづくり」を手軽に行える環境が整ってきた。

 総務省が2018年7月に発表した、「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、10~20歳代では、インターネットの利用時間が平日、休日共にテレビ視聴時間を上回る。30代でも並びつつある。1日のうちネットを利用する時間は全年代で一貫して増え続け、平日の平均利用時間は100分を突破した。20歳代に至っては、1日に161.4分も利用し、そのうちSNSの読み書きに61.4分も費やす。

チラシやDMに変えてSNSで情報を発信…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

  • めざせデジタルインフラの構築(第2回)

    小さな企業のホームページ構築。続ける秘訣は?

    デジタル化 パソコン

    2017.08.09

「デジタル化」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。