ド素人用PCコストの抑え方(第4回)パソコン買い替え。アウトレットを狙え

資金・経費 パソコン

2018.02.20

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 パソコンはいくら最新のものを購入しても、使い続けるうちに古くなってしまいます。例えばクラウドのアプリケーションを使うだけでも、処理に長い時間を要してしまいます。これでは、仕事を円滑に進めることはできません。

 できれば新しいパソコンに買い替えて、スムーズに仕事をしたいところですが、大手メーカーの最新モデルのパソコンに買い替えるにはコストが掛かります。仕方なく古いパソコンを、我慢して使い続けている企業があるかもしれません。

 そんなときに選択肢に入れておきたいのが、新品に近い状態のパソコンをリーズナブルに購入できる「アウトレットパソコン」です。

ほぼ新品なのに割安な理由は?

 アウトレットパソコンとは、新品と遜色ないものの、何らかの理由で安く販売されているパソコンです。

何らかの理由とは、例えば本体が無傷の新品なのに、箱に傷や汚れがあるもの、未使用だが開封後に返品されたもの、新品だが一世代前の“型落ちモデル”、初期不良を修理したもの、などが挙げられます。

 こうしたアウトレットパソコンは、インターネットで簡単に購入できます。検索サイトで「アウトレットパソコン」や「アウトレットPC」、「アウトレットPC+希望するメーカー名」といったキーワードで検索すれば、販売サイトがヒットします。

 販売サイトには「ワケあり」の詳細が個別に記載されているケースが多く、購入前に“なぜアウトレットなのか?”という理由が事前に確認できます。

 アウトレットパソコンの販売サイトは、大きく2種類に分類されます。まずは、パソコンメーカーの直営サイトです。基本的には、自社製品のみを取り扱っています。本来の販売価格の半額ほどで販売されるケースもあるようです。商品の大半は型落ちモデルで、最新モデルはまれにしか販売されません。

 もう1つが、パソコン販売店や家電量販店などが運営しているサイトです。前述のようなメーカーパソコンのほか、自社ブランドやBTO(受注生産品)のアウトレットパソコンも取り扱っています。展示品などの開封済み・通電済みのものや、注文のキャンセル品が出やすいため、新しいモデルも比較的多く見つかります。

同じパソコンをアウトレットで10台そろえられるか?…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=風間 梢

フリーライター。企画、人事、ECサイト運営などを担当したのちに独立。現在は就職、流通、IT、観光関連のコラムやニュースなどを執筆している。

あわせて読みたい記事

「資金・経費」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。