ITで働き方を変える(第7回)Web会議付きパソコンをレンタルする選択

ITアウトソーシング 遠隔会議 パソコン

2020.08.19

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 コロナ対策だけでなく働き方改革の一環で、いつでもどこでも柔軟かつ多様なワークスタイルに向けた環境整備が企業に求められる中で、急拡大したテレワーク。見えてきた課題には、大きく分けて制度面とインフラ面がある。制度面では、テレワーク時の労務管理やルールづくり、人事評価方法などの整備が課題となる。

 一方のインフラ面の大きな課題は、IT環境の整備だ。中でも、パソコン環境は重要だ。オフィスでは、いまだにデスクトップパソコンが主流の企業も少なくない。持ち運びに適さないこれらのパソコンを使用している場合、在宅勤務の際にはリモート操作ができるようにするなどして対処せねばならない。

 パソコンは、テレワークの際にはコミュニケーションツールとして機能する。メールやビジネスチャットはスマホでもよいが、Web会議(オンライン会議)となるとパソコンが必要になる。

パソコン環境の整備と保守の手間を軽減したい

 今やパソコン環境の整備は、テレワーク導入を前提に考えるべしといっても過言ではない。自宅も含め、幅広い場所で生産性を落とさず業務ができるように整備する。働き方改革はもちろん、コロナ対策、地震や豪雨といった自然災害時の事業継続にも役立つ。長期的な視点でパソコン環境の再整備に着手しよう。

 ただ、一口にパソコン環境の整備といっても、ITの専門担当者がいなかったり、人数が少なかったりする中小企業にとってハードルはそれなりに高い。テレワーク用に新規にパソコンを購入した場合に必要な初期設定(セットアップ)も面倒だ。パソコンの基本ソフト(OS)を立ち上げ、ネットワークやメールなどの設定に加え、既存パソコンからのデータ移行もしなくてはならない。数台のパソコンならともかく、短期間で多くのパソコンを自前で設定するのは至難の業ともいえる。

 さらに、パソコンの切り替え時には、業務で使うソフトの導入も合わせて必要になる。例えば、業務で使用しているワープロや表計算、プレゼンテーションなどのオフィスソフトが適切にパソコンにインストールされていなければ、使い物にならない。

 テレワーク時のパソコン環境における最大の問題は、こうした業務用パソコンが従業員の自宅に“分散”すること。会社のオフィス1カ所に集まっていれば、故障の際やOSやソフトのバージョンアップの際の対応も作業できる。それに対して、パソコンが従業員の自宅にある場合は、保守・運用が非常にやりにくくなってしまう。

導入・設定から利用・回収までをサービスとして受ける…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「ITアウトソーシング」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。