覚えておきたい情報セキュリティ&ネットワークのキホン(第10回)ビジネスに必要なネットワーク速度の目安は?遅くなる原因や対処法も紹介

データ通信

2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 社内のネットワーク速度が遅くなり、メール送信に時間がかかったり、あるいはWeb会議で音声が途切れたりした経験がある人は少なくないでしょう。ビジネスを進めるうえで、ネットワーク速度の遅延は作業効率に大きな影響を及ぼします。ここでは、ネットワークが遅くなる原因やネットワーク速度を向上させるためのポイントなどを紹介します。

ネットワーク速度に関する基礎知識

 まずはネットワーク速度に関する基礎知識をおさらいしましょう。ネットワーク速度を表す単位にはbps(bits per second、ビット毎秒)が使われます。bpsは、1秒間に転送できるビット数を表します。1Mbpsなら、1秒間に100万ビット転送できることになります。なお、通信速度は上り(データをアップロードする速度)と下り(データをダウンロードする速度)を分けて検証するのが一般的です。

 「ベストエフォート」という言葉もよく耳にすると思います。ベストエフォートとは、最良の条件がそろわないと、その通信速度が出ないことを表しています。例えば「最大速度50Mbps(ベストエフォート)」と表記されている場合、50Mbpsはあくまで最良の条件がそろった場合の数値で、実際の通信速度とは異なります。

ネットワーク速度の目安

 ネットワーク速度の目安は利用する端末やツール、通信環境などにより千差万別なので、明確な基準はありません。文部科学省の公開資料「GIGAスクール構想の実現 標準仕様書」では、遠隔授業(Web会議)を行う際の仕様帯域の目安を1台当たり2.0Mbpsとしています。例えば40人がWeb会議を行う場合、80Mbps必要となる計算です。Web会議を頻繁に行う企業は、目安の1つとして考えるとよいでしょう。

 ネットワーク速度を把握すること自体は、トラブルの検知や原因分析などを行う際に有効です。ネットワーク速度を測定して低い数値が出た場合、ネットワークに何らかのトラブルが発生している可能性があります。逆に通常とそれほど変化がない場合、ネットワークではなくPCなど利用している端末が問題となっている可能性が考えられます。

 ネットワーク速度の測定は、インターネット上で測定できるツールを利用するとよいでしょう。検索サイト上で「スピードテスト」で検索すると、複数の測定サイトが検索結果に表示されます。

ネットワーク速度が遅くなる原因…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

あわせて読みたい記事

「データ通信」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

覚えておきたい情報セキュリティ&ネットワークのキホン

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。