覚えておきたい情報セキュリティ&ネットワークのキホン(第14回)ネットワーク仮想化とは? VLAN、NFV、SDNなどの仮想化技術やメリットを解説

データ通信

公開日:2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 従来のネットワーク構築は、実際の環境でルーターやスイッチングハブなどのネットワーク機器を利用し、構成するのが主流でした。オンプレミス環境を構築する場合は、現在も同様の手法で構成します。しかし、仮想化技術が進化したことにより、サーバーだけではなくネットワーク機器も仮想化して利用するケースが見られるようになりました。ネットワーク仮想化にはどのような技術があり、どのように活用されているのでしょうか? ここでは、ネットワーク仮想化の概要や関連技術などについて紹介します。

ネットワーク仮想化とは

 ネットワーク仮想化とは、仮想化ソフトウエアを使って物理サーバー上で複数のネットワーク機器が動作する状態を示します。仮想化技術はこれまでもサーバーなどで利用されてきましたが、近年は仮想サーバーを接続するために、ネットワーク仮想化を利用するケースも増えています。

 よく耳にする「クラウドサービス」にもネットワーク仮想化が活用されています。クラウドにはSaaS(Software as a Service、サービスとしてのソフトウエア)、PaaS(Platform as a Service、サービスとしてのプラットフォーム)、IaaS(Infrastructure as a Service、サービスとしてのインフラストラクチャー)などの種類がありますが、PaaSやIaaSなどでは仮想サーバーを使ったネットワークを構築するために、ネットワーク仮想化が提供されていることがあります。Paas/IaaSを提供する代表的なクラウドサービスとしてAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などが挙げられますが、いずれもネットワーク仮想化を提供しています。

ネットワーク仮想化のメリット・デメリット…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

【MT】

あわせて読みたい記事

「データ通信」人気記事ランキング

連載バックナンバー

覚えておきたい情報セキュリティ&ネットワークのキホン

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説