“ゆとり君”と働くために覚悟しておくこと(第10回)「僕はできません。だって新入社員ですから」

コミュニケーション

2016.02.10

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 「反省→検証・分析→改善→行動」のサイクルに入る。これが「教えられ上手(あるいは育てられ上手、怒られ上手)」になることです。ゆとり世代をいかにこのサイクルに入れるかが、最後のカギになります。

 現在、ゆとり世代で最も問題になっているのが、やる気を失うことです。「入社前に抱いていた仕事のイメージと違うため、失望してやる気を失う」などと一般的には解説されています。しかしもう少し詳しく見ていくと、ビジネス社会で経験した「うまくいかないこと」に対して、指導されたり、怒られたり、小言を言われたりと、ゆとり世代にとって「小さな嫌な経験」をすることで落ち込み、それが積み重なってやる気を失っていくのが分かります。

 ここには、先に説明した「他責」「自責」の考え方が大きく関係してきますが、最も基本的なのは「ビジネスではうまくいかないことのほうが多い」のが分かっていないということです。ほめられ続けて育ったゆとり世代は、あまり挫折を知りません。他人と競争して負けるという経験や、“うまくいかない”経験が少ないのです。つまり「うまくいかない」だけで未知の領域であるのに加え、「怒られる・叱られる」という未知の体験がさらに重なり、二重のショックを受けてしまうのです。

 加えて、先に述べた通り、態度の横柄な上司と接するのもストレスです。その結果、「上司は自分を目の敵にしている」「上司は何も教えてくれない」と、責任を上司に転嫁してしまいます。もし、そういう態度を取られたら、上司であるあなたも「もうどうでもいいや」という気分になってしまうのではないでしょうか? ゆとり世代にはまず「ビジネス社会ではうまくいかないほうが多い」ことを理解させます。そして、うまくいかないときに「あきらめないこと、逃げないこと、立ち向かうこと」を教えましょう。

 これは、相対評価で育った上司世代には当たり前のことです。学生時代までの経験で、たくさんの「うまくいかないこと」を経験していますから、時には挫折することもあったでしょうが、自然と「あきらめずに立ち向かう」という気持ちも鍛えられています。ところが、ゆとり世代は失敗や挫折の経験が少ないですから、社会人になってから「あきらめずに立ち向かう」ことを教えなければなりません。

 失敗してもあきらめず、もう一度考えて行動する――。 こう書いてしまうといかにも当たり前ですが、ゆとり世代はその当たり前のことが難しいと思っています。上司がゆとり世代に期待しているのは「成功する」ではなく、まずは「失敗してもくじけない」であると繰り返し、すり込むことが必要です。

上司が挨拶しないなら、僕もしたくありません…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

柘植 智幸じんざい社

1977年大阪生まれ。専門学校卒業後、自分の就職活動の失敗などから、大学での就職支援、企業での人財育成事業に取り組む。就職ガイダンス、企業研修、コンサルテーションを実施。組織活性化のコンサルティングや社員教育において、新しい視点・発想を取り入れ、人を様々な人財に変化させる手法を開発し、教育のニューリーダーとして注目を集めている。さらに、シンクタンクなどでの講演実績も多数あり、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、経済界、日経ベンチャーなど多数のメディアにも掲載される。

「コミュニケーション」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。